俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2017年アルテミスS GⅢ -タフな馬場に対応できるスタミナによった、上がり上位馬に向くレース-

f:id:ktake0606:20180508064227j:plain

2016年アルテミスS 優勝馬リスグラシュー      引用 : JRA日本中央競馬会

アルテミスS 歴史
『アルテミスステークス』は、関東における阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦として、2012年に創設された2歳牝馬限定の重賞競走である。東京競馬場を舞台に馬齢重量で争われ、距離は阪神ジュベナイルフィリーズと同じ芝1600mで行われる。 2013年までは格付け取得に必要な2年間の競走実績を有していないため、格付けはされていなかったが、2014年に「日本グレード格付け管理委員会」の承認を受けたことにより、本競走はGⅢに格付けされた。

レース名の『アルテミス(Artemis)』とは、ギリシャ神話に登場する狩猟と純潔の女神。古代ギリシャでは、豊穣や多産の神として人々に信仰されてきた。

コースの特徴

f:id:ktake0606:20180508064443p:plain

東京・芝1600m
2コーナーにあるスタート地点から、3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウト。向正面半ばに上りがあり、そこから3コーナーにかけて下っていく。最後の直線は525.9m。直線に向いてすぐに約160mの上り(高低差2.0m)があり、その後300mはほぼ平坦。前半が速くなりやすく、坂を上った後にゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される。速い時計の決着になると、スプリンタータイプ、インを回ってくる馬が好走しやすく、逆に時計がかかるときには、末脚のしっかりしたタイプ、中距離型が好走しやすい。

(亀谷敬正)

JRA日本中央競馬会

2016年アルテミスS GⅢ

芝左1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

1着 8 16 リスグラシュー 牝2 54 武豊 1:35.5  
1人気

アルテミスステークス|2016年10月29日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2016/10/29 第5回 アルテミスS(GⅢ)【リスグラシュー】

アルテミスS GⅢ

過去5年 レース映像


【競馬】アルテミスステークス 2016〜2012過去レース

過去5年 結果

f:id:ktake0606:20180508065302p:plain

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

過去5年 傾向

1.前走1800m以上で上りも3以内の馬

・15年以降、該当馬が4頭出走し3頭馬券に

該当馬なし

2.芝1600m以上で勝利経験のある関西馬

・過去5年で複勝率39%、複勝回収率170%

ラッキーライラック

スカーレットカラー

トロワゼトワル

ラテュロス

3.仕上がり以上に、馬場適正が問われタフな馬場に強い血統が良い

①ステイゴールドの血が好相性。16年は母父ステイゴールドが馬券に

ラッキーライラック

②欧州型ノーザンダンサー系、ダンチヒまたはサドラーズウェルズ系の血を持つ馬が13から15年でいずれも勝利する

ハイヒール

ダノングレース

ラッキーライラック 

傾向 該当数順

3個
ラッキーライラック 

1個

スカーレットカラー
トロワゼトワル
ラテュロス
ダノングレース
ハイヒール

 ※以下、管理人枠で追加 

シスターフラッグ
シンデレラメイク

傾向 雑感1

 2016年度、当レース優勝馬リスグラシューは1800m戦からの距離短縮、2015年の1着デンコウアンジュ、3着クロコスミアとともにメイショウサムソン、ステイゴールド産駒と、いかにもスタミナ型や重馬場適正の高そう馬が複勝圏に入っている。

 また、3頭とも前走上がり上位馬であった。

 ちなみに2015年の2着馬はメジャーエンブレムで、後に阪神ジェベナイルFやNHKマイルCなどマイルGⅠを2勝するほどの競走馬ではあるのですが、この手のスピードによった馬が断然人気でも勝ちきれないレースと考えた方が良さそう。

 週末の天候次第では、富士S同様タフな馬場が予想され、この傾向がより顕著に出るかも知れません。

傾向 雑感2

 ラッキーライラックが該当3個と断然トップですね。

 血統だけでなく、馬体重があるのも好感が持てます。馬場が渋っても問題無いと思いますし、現時点で本命を打ちました。

 では、ラッキーライラック ◎

当日追記 傾向 

 7Rまで終了した時点で、東京芝1600m戦が2鞍あり、新馬では9、12番人気が絡み、2歳未勝利では6番人気が3着までに絡み高配当を演出している。

 ちなみにこの3頭すべてに、サドラーズウェルズの血が内包されている。

 11RアルテミスSの参考になればと思う。今年も傾向どおり、欧州傾向の強い馬を買った方が良さそう。

 アルテミスS出走馬における、サドラーズウェルズの血を持つ馬とは 

 ラッキーライラックとハイヒールの2頭

出馬表

f:id:ktake0606:20171027202952p:plain

出走有力馬 参考レース

トーセンブレス 1番人気   


2017/09/17 中山5R 2歳新馬〈牝〉【トーセンブレス】

ダノングレース 2番人気   


2017/08/19 札幌5R 2歳新馬【ダノングレース】

スカーレットカラー 3番人気   


2017/07/23 中京1R 2歳未勝利【スカーレットカラー】

ラッキーライラック 4番人気     


2017/08/20 新潟5R 2歳新馬〈牝〉【ラッキーライラック】

ウラヌスチャーム 5番人気   


2017/08/05 新潟5R 2歳新馬【ウラヌスチャーム】

グランドピルエット 9番人気   


2017/09/23 中山5R 2歳新馬【グランドピルエット】

予想オッズ上位人気雑感1.

 上位人気4頭を過去5年の傾向と照らし合わせるとラッキーライラックが1番、良さそう。

 次にウラヌスチャーム、トーセンブレスの順になるね。

 グランドピルエットも合っていたけど、特に、ここ2年顕著に出ている傾向を考えると、スタミナや重馬場適正も高そうな馬を狙うのが予想の基本路線になりそう。

予想オッズ上位人気雑感2.

 ダノングレースも良さそうですね。

 傾向3.の②に当てはまっています。

 後、これも事あるごとに言っていますが、ディープインパクト産駒は重馬場言うほど悪くないですよ。

 得意とまでは言いませんが、相対的、期待値ベースで考えても、重馬場でこそ買うべき種牡馬です。ちなみに高速馬場は、実は期待値ベースで考えると買うべきでは無い種牡馬となります。

 高速馬場で買うなら、気性の前向きな、スピード持続によった米国血統でこそです。

 デカ馬ならなお良いですね◎

ディープインパクト産駒は重馬場でこそ買い

予想オッズ上位人気雑感3.

 スカーレットカラーも良さそうです。

 重馬場も得意そうですし、非根幹要素が強そうなのも良いですね。

 ちなみにアルテミスSは、東京1600mにもかかわらず根幹距離要素を問われることが、あまり無いレースと言えます。

 過去5年でも、複勝圏15頭中ディープインパクト産駒は2頭しか馬券に絡んでおらず、勝ち馬がいません。

 

 過去5年の結果から踏まえると非根幹要素の馬を買ってこそとなります。

 傾向3.の①はこの事を言っていて、ステイゴールドの血を持つ馬が過去15頭中4頭が複勝圏に入り、その内1勝です。

 人気も5~9とあまり無く、地味目な血統を嫌われての事なのでしょう。

 ただ、このレースはスタミナと重適性が必要と言えます。

 明日、馬場が渋るなら、これらの傾向がより強まると考えられますから、スピード型よりも、距離短縮で挑んでくる馬が良いでしょう。

 シスターフラッグ、シンデレラメイクも加えます。※管理人枠で傾向に加えます。

アルテミスS 印

f:id:ktake0606:20171028074937p:plain

 管理人買い目

 よし、ラッキーライラックから行くよ。ステゴだし、なおかつサドラーズウェルズも入っている。欧州気質を問われるなら、勝てる。

馬単

f:id:ktake0606:20171028143028j:plain

3連単その1

f:id:ktake0606:20171028143050j:plain

3連単その2

f:id:ktake0606:20171028152304j:plain

アルテミスS レース結果

f:id:ktake0606:20180508072215p:plain

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

レース映像

1着:ラッキーライラック   


2017年10月28日 アルテミスS 芝1600m 東京競馬場

1着:ラッキーライラック 牝2 (石橋脩)
2着:サヤカチャン 牝2 (松岡正海)
3着:ラテュロス 牝2 (秋山真一郎)

レースタイム:1:34.9(良)
レース上がり3F:35.1
勝ち馬上がり3F:34.7

1着:ラッキーライラック   

take0606.hatenadiary.jp

雑感

例年通り

 傾向どおりの結果となりました。

 去年の勝馬リスグラシューは先日の秋華賞で2着となり、惜しい競馬をしています。

 特に今年の牝馬クラシック路線は面白い傾向だったな、と思うのです。

 何が面白いのかと言いますと、オークスと秋華賞が本来問われる資質とは、ともに逆になってしまった、という事です。

 つまり、どういう事かというと、本来オークスは、ノーザンファーム生産馬が得意な根幹距離要素が強く問われ、スタミナや瞬発力が必要なレースと言えるのでしょう。

 ただ、今年は違った。

 スピードの持続力で押し切れるオークスであった。だからこそ、本来なら、オークス向きで無いはずのソウルスターリングが圧勝してしまうともいえる。

同様に秋華賞も...

 秋華賞も違った。本来ならスタミナ瞬発型が台頭しづらいレースにもかかわらず、リスグラシューも含め欧州的なスタミナ瞬発型が上位を占めるという事になってしまう。

 例年通りの秋華賞ならアエロリットの凡走は考えずらく、オークスにおいても例年どおりならリスグラシューがブチ抜いていたかもしれない。

競走馬の能力は絶対的ではない

 競走馬の能力は絶対的なものではなく、相対的に決まるもので、国や馬場、コースなどでどのようにもなる。最強馬論争があまり意味もなさないのもこの為。

 明日の天皇賞(秋)も同様に過去の傾向が当てにならないはず。

 穴狙いは、極端な馬場状態や、極端な展開が予想される時にこそで、極端である事がカギになる。

 もし、明日の天皇賞が極端に時計がかかるのであれば、日本的スターホースを無視してみるのも面白いカモしれない。

反省会

ktake0606.hatenablog.com