俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2017年マイルチャンピオンS GⅠ 京都GⅠ戦線は終始、欧州要素を問われることとなるのか 

f:id:ktake0606:20180529170059j:plain

2016年マイルCS 優勝馬 ミッキーアイル      引用 - JRA日本中央競馬会

マイルCS 歴史
本競走は1984年の創設以来、11月の京都開催の第3週目に芝1600m(外回り)を舞台に変わりなく行われており、春の安田記念と並んで“ベストマイラー決定戦”として位置付けられている。また、クラシック路線を戦ってきた3歳馬や天皇賞(秋)出走馬の参戦もみられ、例年多彩なメンバーがそろうレースとなっている。なお、本競走は2008年に創設された秋季国際GⅠ競走シリーズ『ジャパン・オータムインターナショナル』に指定されている。

コースの特徴

f:id:ktake0606:20180529170320p:plain

京都・芝1600m(外回り)
2コーナーの引き込み線にあるスタート地点から、3コーナーまでの距離が長いコース。向正面の半ばから3コーナーにかけては上り坂で、3コーナーから4コーナー半ばにかけて一気に下り、直線約400m(Cコース使用時398.7m)が平坦となる。直線では馬群がばらけて、内が空くケースも多い。京都の芝は移動柵がA~Dコースまで取れるため、終始インコースの良い状態が続く。基本的には時計勝負になりやすく、スピードの持続性に加えて、インを器用に立ち回れる能力が要求されるコースだ。

(亀谷敬正)

JRA日本中央競馬会

2016年マイルチャンピオンS GⅠ
芝右 外1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

1着 ミッキーアイル 浜中俊 1:33.1   

マイルチャンピオンS|2016年11月20日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2016/11/20 第33回 マイルCS(GⅠ)【ミッキーアイル】

2017年 マイルチャンピオンS GⅠ

過去10年 レース映像


マイルCS 過去10年最後の直線(2007~2016)

過去5年 結果

f:id:ktake0606:20171114064547p:plain

https://www.keibalab.jp

過去5年傾向

1.前走重賞で3着以内

馬券になった15頭中12頭

サングレーザー

レッドファルクス

クルーガー

エアスピネル

イスラボニータ

ウインガニオン

2.芝1800m重賞で上がり5位以内経験

4番人気以下で馬券になった馬すべて該当

イスラボニータ

サトノアラジン ここから4番人気以下

アメリカズカップ

3.ディープインパクト産駒は毎年馬券になるも、出走多数により、回収率は低い

狙うなら、期待値の高い母父ノーザンダンサー系

サトノアラジン

サングレーザー

傾向該当数順

2個

サトノアラジン

サングレーザー

イスラボニータ

1個

エアスピネル

アメリカズカップ

レッドファルクス

クルーガー

ウインガニオン

傾向雑感 当日

馬場状態が...

 昨日の京都10R修学院S(芝2000m)、11RアンドロメダS(芝2000m)ともに人気薄が勝利し、時計もかかっている。

10R ストレンジクォーク 2:02.2 7番人気 メイショウサムソン産駒

11R ブラックバゴ    2:01.4 6番人気 バゴ産駒

 以下補足

5R メイショウゴウリキ 2着   6番人気 ルーラーシップ産駒

12R  キッズライトオン    3着   9番人気 スニッツェル産駒   

 そして、今日も馬場状態の急速な回復も見込めないと思われるので、過去の傾向も当てにならないかも知れない。

欧州要素の傾向が続く

 10、11Rが顕著であったと言える。

 これは、欧州的な資質が問われていることを示しての結果なのだし、補足にある、馬券内に絡んだ競走馬たちも同様の事が言える。

 今年の京都のGⅠレースは終始傾向を無視して行われていた事とになり、秋華賞、女王杯はともにハービンジャー産駒

 菊花賞はルーラーシップ産駒が勝利し、欧州要素が強く問われていることを示している。

 おそらく、同様の傾向は続くと見て良い。馬場状態次第なところもあるが、思い切った予想も必要なのかもしれない。

 さて、それらを踏まえてマイルCSに目をやると、

ペルシアンナイト ハービンジャー産駒

ヤングマンパワー スニッツェル産駒 

 と、この2頭が目を引く。

 ともにノーザンダンサー系。ノーザンダンサー系を意識した方が良いかも知れない。

 当然、マルターズアポジーもノーザンダンサー系だからいいと思うし、荒れ馬場の鬼ステイゴールド産駒のグランシルク、ウインガニオンも気になる。

 今年の秋の京都GⅠ戦線は欧州要素がテーマなのかもしれない。

出馬表

f:id:ktake0606:20171117115657j:plain

https://www.keibalab.jp

出走有力馬 上位人気順

エアスピネル 2番人気 4.1倍  イスラボニータ 1番人気 3.4倍 など

第20回富士ステークス GⅢ

芝左1600m / 天候 : 雨 / 芝 : 不良 / 発走 : 15:45

1着 エアスピネル 武豊 1:34.8   

富士ステークス|2017年10月21日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/10/21 第20回 富士S(GⅢ)【エアスピネル】

ktake0606.hatenablog.com

1着まではどうだろう

 この組が人気なのだろう。ただ、イスラボニータやエアスピネルは高い安定性を示すものの、それが由来してか、決め手に欠ける。

 イスラボニータは皐月賞以降、3年もの間大舞台での勝利がない。かたや、エアスピネルも大舞台となるとパフォーマンスが怪しくなる傾向にあり、ともにGIレースではあと一歩足りないところが気になる。1着まではどうだろうか。

レッドファルクス 3番人気 4.9倍

第51回スプリンターズS GⅠ

芝右 外1200m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

1着 レッドファルクス M.デムーロ  1:07.6   

スプリンターズS|2017年10月01日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/10/01 第51回 スプリンターズS(GⅠ)【レッドファルクス】

寝込むこととなるw

 はい。でたでた、スプリンターズS。

 前日から、レッドファルクス、レッツゴードンキの2頭軸の3連単でと東スポまでも購入し、気合十分で挑んだのだが、当日、事情により馬券を買わないまま出かける。

 帰宅後に結果を知り寝込むw

 冗談ではなく、この日は本気で寝込んだwww

 ここまでが自分バナ。

本質スプリンター

 スプリンターズSからの参戦だが、どうだろう。

 確かに去年の勝ち馬ミッキーアイルも同レースからの参戦であったが、この馬とは違うように思う。

 レッドファルクス自体、スプリンターだと思うし、マイル辺りまでこなせそうな気もするが、本質的には向いてない。

 確かに、京都のマイルというのは良い方に出るとは思うが。

サトノアラジン  4番人気 5.9倍 

第156回天皇賞(秋) GⅠ

芝左2000m / 天候 : 雨 / 芝 : 不良 / 発走 : 15:40

サトノアラジン 18着   

1着 キタサンブラック 武豊 2:08.3   

天皇賞(秋)|2017年10月29日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/10/29 第156回 天皇賞(秋)(GⅠ)【キタサンブラック】

ktake0606.hatenablog.com

キタサンブラック -5歳編-   

当てが外れただけ...

 キタサンブラックの強さが際立ったレースだった。

 サトノクラウン、レインボーラインが2,3着と入線しており、欧州適性、重適性が問われたといえる。また、この手の競馬になるとスピードタイプには厳しく、距離不安のある馬は疑った方が良い。

 マイルCSに出走するサトノアラジンは18着と大惨敗を喫したが、天皇賞はノーカウントで良いと思うし、陣営も良馬場で走らせてあげたかったのだろうが、当てが外れてしまっただけで、見限るのは危険。

 今回、距離短縮となるのも悪くない。

サングレーザー  7番人気 16.0倍

第60回毎日放送賞スワンS GⅡ

芝右 外1400m / 天候 : 雨 / 芝 : 重 / 発走 : 15:35

1着 サングレーザー C.デム-ロ 1:22.4   

毎日放送賞スワンS|2017年10月28日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/10/28 第60回 スワンS(GⅡ)【サングレーザー】

ktake0606.hatenablog.com

「新鮮」である事がテーマ

 個人的にサングレーザーが気になっている。

 週末の天候も気にもなるが、たとえ渋ってもサングレーザーにとってマイナスに働くことは、それほど無いのだろう。

 また、ディープ産駒であるのだから、「新鮮」である事がテーマ。

 現状、勢いもあるし、GⅠ初挑戦という新鮮度がある。とにかく、ディープ産駒は「新鮮」である事、「飽きていない」事、「初」を意識した方が良い。

管理人 買い目

f:id:ktake0606:20171119162259p:plain

18→11→4 外れ

マイルCS レース結果

f:id:ktake0606:20180529172915p:plain

レース映像

芝1600m / 天気:晴 / 馬場:稍重 / 発走:15:40

1着 ペルシアンナイト 1:33.8   


2017/11/19 第34回 マイルCS(GⅠ)《結果速報》

レース後雑感

またハービンジャー!

 ペルシアンナイトが1着と、前述にもあるがハービンジャー産駒が京都秋GⅠ戦線を席巻する事となった。

 秋華賞はディアドラ1着、モズカッチャン3着にはじまり、菊花賞はルーラーシップ産駒が勝つも欧州型が上位を占め、エリザベス女王杯ではモズカッチャンが1着。

 そして、今回のマイルCSはペルシアンナイトとなった。

やはり欧州要素が求められた

 今年の京都のGⅠ戦線は終始雨にたたられた感もあり、この結果が全てと見ない方が良い。

 良馬場や高速馬場で競馬をしたなら、また、違った結果になっていたであろうから、馬券的に考えるのなら、パンパンの良馬場で前述のハービンジャー産駒が出走してきたら、大本命であっても疑ってみるのも面白いかも知れない。

はやくも世代交代が迫る...

 とは言え、マイルCSの結果が褪せるわけでもなく、4歳世代の“善戦マン”、エアスピネルをハナ差交わしたところがゴール。

 来年、4歳世代(現3歳)が大活躍する事を予感させるのは容易だし、鮮明とさせた印象的なシーンと言えた。ジャパンCではマカヒキに一矢報いてもらいたいがどうだろう。

 

マイルCSレース後コメント   

news.netkeiba.com

~レース後のコメント~
1着 ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手)
 「ゴールの瞬間は勝ったのかどうか分かりませんでした。勝てて良かったです。いつも頑張って走りますが、馬の間に入るのを気にするところがあります。今日もよく頑張って走ってくれました。大外枠でしたがスタートも良く、道中はリラックスして走れました」
2着 エアスピネル(R.ムーア騎手)
 「馬はとてもいい状態で、いいレースをしてくれました。ただ反応が良すぎて、速めに前に出てしまう形になりました。とても能力が高く、GIを勝てる力のある馬です」
3着 サングレーザー(福永祐一騎手)
 「イメージ通りのレースが出来ました。エアスピネルの後ろの位置から外に出すタイミングも良く、直線ではジリジリと追い詰めることが出来ました。夏まで条件馬だったことを考えると大健闘でしょう。来年が楽しみです」
4着 レーヌミノル(和田竜二騎手)
 「うまく行き過ぎた感じです。でも競馬は本当に上手です。3歳牝馬でこれからですからね。うまく行けば十分チャンスがあります」
5着 イスラボニータ(C.ルメール騎手)
 「直線で外の馬とぶつかってバランスを崩しました。そこからもう一度頑張ってくれたのですが、トビの大きい馬なので、バランスを崩してから伸びるのに時間が掛かります。あのロスが大きかったです」

管理人 反省会

ktake0606.hatenablog.com