俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

有馬記念 GⅠ -ジャパンカップとは問われる適性が真逆と思った方が良い。JCにて実力がありながらも、人気より走らない馬を狙うべき-

f:id:ktake0606:20171213215326j:plain

2016年有馬記念優勝馬サトノダイヤモンド

 

第61回有馬記念 GⅠ
芝右2500m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:25

1着 サトノダイヤモンド ルメール 2:32.6

有馬記念|2016年12月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2016/12/25 第61回 有馬記念(GⅠ)【サトノダイヤモンド】

 

 

2017年 有馬記念 GⅠ

過去10年(2006~2015年)レース映像

※2016年は上述


2006年~2015年 有馬記念

 

過去5年 結果

f:id:ktake0606:20171213220101p:plain

引用 - 競馬ラボ

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

雑感  ——レインボーラインが面白そう

当たり前と言えば、当たり前だが、非根幹的な要素の馬が3着までをほぼ占めている。

ステイゴールド産駒がやはり強い。また、日本的スターホース血統だが、相対的に、ディープインパクト産駒との比較において、若干、非根幹によっているキングカメハメハ産駒も良いし、同様にハーツクライ産駒も良い。

本来、有馬記念はディープインパクト産駒は苦手としていたが、2014年以降は馬場改修により、勝ち切るまで傾向が変わりつつある。

ただ、基本線は非根幹要素の馬を狙ってこそ。

 

このデータ的に、レインボーラインが面白そう。

 

外部blogリンク

日本馬は凱旋門賞を制覇する事が出来るのか? 

~非根幹距離でこそ、善戦マンよ再び~ 「日本である事の価値」 

take0606.jp

長い旅路の果てで...

「黄金旅程」

ステイゴールドが長い旅路の果て、終着駅にて香港ジョッキークラブからもらった名前である。

通算50戦目の引退レースとなったのは、香港・沙田(シャティン)競馬場で毎年12月に行われる香港国際競走のひとつ「香港ヴァーズ G1」であった。

国際レーティングでは、120ポンドの評価を得ているステイゴールドは、抜けたトップクラスの存在であり、当日のオッズも2倍と1番人気に支持されていた。

善戦マンの勝負が始まった。430キロにも満たない小さな体で、大きなケガをする事もなく走り続けた6年、最後のレースを迎える事となる。

 

出馬表

f:id:ktake0606:20171222052752p:plain

f:id:ktake0606:20171222052804p:plain

 

引用 - 競馬ラボ

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

 

管理人blogリンク

キタサン内枠問題 大いに語る -キタサンブラック1枠2番「一番欲しかった枠」 武豊“神の手”で2年連続の絶好枠-  「日本である事の価値」

take0606.jp

外部リンク

news.netkeiba.com

 

過去5年 傾向

1.間隔をあけて余力のある馬が有利。中6週以上、特に前走2400m戦以上

前走2400m以上に限ると過去5年で複勝率64%、複勝回収率160%

 

スワーヴリチャード

カレンミロティック

サクラアンプルール △

 

2.前走ジャパンC組は一桁人気で人気より走っていない馬

過去5年で前走ジャパンC組で馬券になった6頭すべてが該当

 

キタサンブラック

シャケトラ

サトノクラウン

 

3.キャリアの少ない馬

過去5年で馬券になった15頭中10頭、5番人気以下で馬券になった全てがキャリア15戦以内。複勝率39%、複勝回収率110%

 

ブレスジャーニー

サトノクロニクル

シャケトラ

スワーヴリチャード

 

4.馬場改修もキングマンボの血は 相性はいい

・キングマンボ、ロベルトの血

ヤマカツエース

ブレスジャーニー

トーセンビクトリー

サトノクロニクル

サクラアンプルール

 

 

・ディープインパクト産駒も2014年馬場改修後、1着2回

ミッキークイーン

 

傾向該当数順

2個該当

スワーヴリチャード

ブレスジャーニー

サトノクロニクル

シャケトラ

 

準2個

サクラアンプルール

 

1個
カレンミロティック

ミッキークイーン

ヤマカツエース

トーセンビクトリー

キタサンブラック

サトノクラウン

 

 

出走有力馬 参考レース

シュヴァルグラン キタサンブラック レインボーライン サトノクラウン他

第37回ジャパンカップ GⅠ

芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

 

キタサンブラック  3着

レインボーライン  6着

ヤマカツエース   8着

サトノクラウン   10着

サウンズオブアース 12着

1着 シュヴァルグラン ボウマン 2:23.7

ジャパンカップ|2017年11月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017 第37回 ジャパンカップ(GI) シュヴァルグラン

 

ktake0606.hatenablog.com

キタサンブラックは強い

キタサンブラックが強かった。というのが正直な感想です。

直線に入ったところでは、ヤラレタ!と思ったのですが、流石に天皇賞が堪えたのか、シュヴァルグランにかわされ、なお抵抗を試みるも3歳馬レイデオロに2着を譲ったところがゴール。

 

有馬記念でこその馬

状態次第ではありますが、有馬記念の軸はキタサンブラックで問題ないかと思います。適性の観点からも断然、中山2500mは向きそうですね。

有馬記念でいえばレインボーラインも良さそうです。こちらも適性面において有馬記念の方が向いていそうですし、狙いたい馬です。

 

関連記事

外部blogリンク

heartscry10.seesaa.net

take0606.jp

 

スワーヴリチャード カレンミロティック

第55回アルゼンチン共和国杯 GⅡ

芝左2500m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:35

 

カレンミロティック 5着

1着 スワーヴリチャード M.デムーロ 2:30.0

アルゼンチン共和国杯|2017年11月05日 | 競馬データベース - netkeiba.com 


2017/11/05 第55回 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)【スワーヴリチャード】

 

ktake0606.hatenablog.com

非ノーザンでこその舞台で...

確かに、2着はディープ産駒のソールインパクトだが、デカ馬であり、そして、ノーザンファーム生産馬でも無い。また、若干、非根幹要素に振れていると考えても良いし、3着馬も同様に社台系ではあったが、非ノーザンF生産馬。

それを踏まえても、勝ち馬のスワーヴリチャードはノーザンファーム生産のハーツ産駒であったのだから、向いてはいないはずの舞台で最高のパフォーマンスを古馬相手に休み明けに示したとすると、この馬は相当強いかも知れない。

 

関連記事

外部blogリンク

スワーヴリチャード、次走は有馬記念へ  -  blog『ハーツクライ
-勝利への咆哮-』

ノーザンファーム生産ハーツクライ産駒のスワーヴリチャードが本領発揮する舞台とは、もちろん東京2400mなのは揺るがない。その為に生産育成されて来たはずなのだから、確かに運がない。

が、前述した、アルゼンチン共和国杯からジャパンカップというローテーションは、休み明けでこそのハーツクライ産駒には、そもそも厳しかったといえる。ならば、しっかり調整し父が飛躍した舞台で躍動したい。

 

 競馬について、大いに語る 「手前を替えろ、スワーヴリチャード! それなら有馬記念で古馬に勝てる」問題   -   blog『日本である事の価値』 

take0606.jp

 

ミッキークイーン ルージュバック トーセンビクトリー クイーンズリング


第42回エリザベス女王杯 GⅠ

芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

 

ミッキークイーン  3着

クイーンズリング  7着

ルージュバック   9着

トーセンビクトリー 10着

1着 モズカッチャン M.デムーロ 2:14.3

エリザベス女王杯|2017年11月12日 | 競馬データベース - netkeiba.com
2017 第42回 エリザベス女王杯(モズカッチャン)

 

ktake0606.hatenablog.com

エリザベス女王杯ともリンクする

もちろん、宝塚記念は有馬と並び非根幹距離の最高峰レースであるので、ここで好成績なのも高評価となります。

宝塚記念において(グレード制が導入された1984年以降)牝馬の勝ち馬は全てその年の女王杯を勢いそのままに勝利しています。

勿論、「牡馬相手のGⅠ勝ち馬なのだから」という話ではあるのですが、とは言えミッキークイーンの評価が下がる事にもなりません。

 

関連記事
外部blogリンク

deepimpact2002.seesaa.net

ミッキークイーンに話を戻すのだが、ルージュバック同様に決めつけるのも危険と言える。この競走馬も人間の勝手な決めつけを何度か裏切ってきてもいるし、有馬記念でも裏切りが無いとは言い切れない。

これも、2015年オークスのイメージ、3歳クラシック時のイメージだけでミッキークイーンという牝馬を判断してのことだろう。

ただ、もう大人の競走馬なのだし、恐らく最後のレースとなる。やはり、3歳牝馬としてではなく1頭の競走馬として判断したいと思うし、でなければ流石に失礼と思うね。

 

サクラアンプルール

第156回天皇賞(秋) GⅠ

芝左2000m / 天候 : 雨 / 芝 : 不良 / 発走 : 15:40

 

サトノクラウン   2着

レインボーライン  3着

サクラアンプルール 8着

1着 キタサンブラック 武豊 2:08.3

天皇賞(秋)|2017年10月29日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/10/29 第156回 天皇賞(秋)(GⅠ)【キタサンブラック】

 

ktake0606.hatenablog.com

宝塚記念より天皇賞(秋)の方が良い

当然、キタサンブラックはスタミナを問われるレースを苦手としている。そして、スローで折り合い、直線での瞬発力勝負も苦手だ。ただ、天皇賞(秋)でこのよう資質を問われる事はないと思うし、ある程度のペースで流れてくれれば、ソウルスターリングを連れて、駆け抜けそうな気もする。とにかく、ディープインパクト産駒のフィールドではなく、持続力で勝負したい。

 

※ 雑感  ——シュヴァルは疑えとなる

ジャパンカップ組は、人気があったものの適性が合わず、惨敗した馬を狙うのが基本路線。

一桁人気で、人気より走らなかった馬を狙うのが良い。

つまり、ジャパンカップは根幹距離における頂点のレースと言えるし、逆に有馬記念は非根幹距離の頂点のレースと言うこと。結果が逆になりやすいレースの並びと言える。

 

キタサン、サトノ、シャケトラは狙うべきだし、シュヴァルは疑えとなる。

 

根幹・非根幹 関連記事

社台系「根幹」距離GⅠレースと「非根幹」宝塚記念、勝ち馬 -東京2400mは彼らノーザンファームの舞台take0606.jp

社台系、中でもノーザンファーム生産馬は圧倒的に東京優駿(日本ダービー)、優駿牝馬(オークス)でも成績が良く、古馬になってからも、2400mと言った根幹距離のレースが得意である。根幹距離のレースでノーザンファーム生産馬は注目で、血統にとらわれず注目した方が良い。

まぁ、そもそも相対的にノーザンファーム生産馬は、ハナから人気はあるのだが....。

 

買い目 

その1

 

 

その2

 

 

レース動画・結果・雑感・反省会

レース映像


【競馬速報】 2017 12月24日 中山11R(GⅠ) 有馬記念 芝2500m レース結果

 

結果

f:id:ktake0606:20171224185704p:plain

引用 - 競馬ラボ

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

雑感

うん、この展開になったら、どうにもならない。4角まわったところで諦めていた。

 

しかし、見る目がないのだろう、最後までキタサンを軸にしなかった事となる。

僕には、この馬がよく分からなかった。そして、最後まで理解もできなかった。ただ、キタサンが4角をまわり、直線に差し掛かった時には常に馬券が外れる感覚があったのだし、一度の話ではない、毎度だ。

また、今日も同様にそうだった直線での絶望感とは、キタサンブラックの強さそのものではないのか。

 

確かに、最強馬と聞かれると疑問符はつく。

が、この絶望感とは、オグリやディープの引退レースでは感じる事のなかった強さに他ならないのではないのか。

 

反省会 開催中

反省会 -超良血馬でしか、たどり着けないところに、今いると言うこと-

ktake0606.hatenablog.com