俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

朝日杯フューチュリティS GⅠ 反省会 -優勝馬ダノンプレミアムは皐月で買いたい-

f:id:ktake0606:20171218083907j:plain

2017年朝日杯FS優勝馬ダノンプレミアム    

朝日杯FS 

芝1600m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:40

1着 1 1 ダノンプレミアム 牡2 55 川田将雅 1:33.3  
1人気

朝日フューチュリティ|2017年12月17日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/12/17 第69回 朝日杯FS(GⅠ)【ダノンプレミアム】

朝日杯フューチュリティS GⅠ

-王道血統である事と同様にスピードの血も重要-   

ktake0606.hatenablog.com

過去3年 結果

f:id:ktake0606:20171213190853p:plain

https://www.keibalab.jp

過去10年 レース映像


朝日杯FS 過去10年最後の直線(2007~2016)

管理人 反省会

出馬表

f:id:ktake0606:20171218081204p:plain

f:id:ktake0606:20171218081321p:plain

https://www.keibalab.jp

買い目

f:id:ktake0606:20171218091003p:plain

結果

f:id:ktake0606:20171218081758p:plain

https://www.keibalab.jp

ダノンプレミアム圧勝! 無傷の3連勝でGI制覇!/朝日杯FS   

朝日杯FSダイジェスト/勝ちタイムは1分33秒3(良)    

1番 ダノンプレミアム  1着

反省しますた

 めっきり、と言うか、すっかり反省することを疎かにしていましたので、今日からしっかり反省会をする事と決めました。

 ま、それでも、この反省を活かせず、また、だらだら過ごしてしまうのでしょうけども、懲りづにお付き合いください(*- -)(*_ _)ペコリ

強い

 前々で、競馬をされ、なおかつ上がり3Fを33秒6でまとめられたら堪らないし、つかまえようがない。後方勢より、良い脚で上がるのだから大したもの。

アルアインタイプなのか

 ただ、タイプ的にはスピードによっている感がありますので、クラシック世代で例えるなら、アルアインと言えるかもしれません。

 馬格もそうですが、非ノーザンFと言うことで、やはりアルアイン同様、皐月賞で狙ってみたい馬と言えます。

10番 ステルヴィオ   2着

2戦とも後手後手

 サウジアラビアRCでも、そうだったのですが、どうしても後手後手となってしまい、直線追い込んでくるも、なんとか2着という結果が続いています。

 流石にこのクラスのレースでは、もう少し器用さがないと、ドハマりしない限り、このような結果も続きそうです。

何より相性の悪さ

 僕にとっては、これが一番の関心事。

 朝日杯もステルヴィオ次第で3連単・3連複的中ですし、サウジアラビアRCでは3連単的中していますが、これも、ステルヴィオ次第では、より高配当になっていたといえます。

3番 タワーオブロンドン 3着

傾向どおりでした

 1着ダノンプレミアム同様、過去3年(2014~16年)の傾向どおりで決まりました。

 スピード色の強い競走馬は、大型馬である事が有利に働きますし、なおかつ内枠なら、その優位性はより強固となります。

 古馬で言うなら、そう、キタサンブラックですね。

 キタサンブラックが内枠が得意なのは当たり前の事で、ありあまる馬格とスピードを活かしているからこそ、非良血である不利益、かつ適性を無視し続け、結果が残せるとも言えます。

 その、ありあまる馬格とスピードは、日本における最強馬の価値観に対するアンチテーゼとなっていると言っていいかも知れません。

 5番 ケイアイノーティック 4着 

しつこい位に

 しつこい位に、「ディープインパクトは鮮度が命」ですよ。

 覚え方は、「D・I・S・I」で、覚えますかね。よく分からないですけども(*‘ω‘ *)

 にしても、ケイアイではなく、ステルヴィオとの相性の悪さですよ(しつこいか)。もちろん彼らが悪いわけでもなく、僕が馬券下手なだけなのですが、戸崎の次はステルヴィオでしたか...。