俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2017年天皇賞(秋) GⅠ 神懸り武豊、大雨不良で驚愕イン突き! キタサン“ワープ”で天皇賞春・秋連覇

f:id:ktake0606:20180513201541j:plain

2016年天皇賞(秋) 優勝馬 モーリス      引用:JRA日本中央競馬会

天皇賞(秋) 歴史
天皇賞(秋)は、東京競馬場・芝2000mを舞台に古馬最高の栄誉をかけて争われる、長い歴史と伝統を誇る競走である。

■天皇賞の前身
1905年(明治38年)の5月6日に横浜の日本レースクラブが、明治天皇から「菊花御紋付銀製花盛器」を下賜されたことにより創設した『エンペラーズカップ』が天皇賞の前身。翌1906年(明治39年)には東京競馬倶楽部にも御賞典が下賜され、その後、阪神、福島、札幌、函館、小倉の計7つの競馬倶楽部で『帝室御賞典競走』として行われていた。

■第1回
1936年(昭和11年)に『日本競馬会』が設立されたのち、翌1937年(昭和12年)に各競馬倶楽部が『日本競馬会』に統合されたのを機に、『帝室御賞典競走』は春が阪神、秋が東京と、東西で年2回開催されることとなり、同年の秋季のレースが第1回の天皇賞とみなされ、東京競馬場・芝2600mで行われた。 その後、第2回の1938年(昭和13年)春は阪神競馬場・芝2700mで、4歳(現3歳)以上の馬によって争われ、第3回の1938年秋からは、「5歳(現4歳)以上、芝3200m」の競走条件となり、能力検定競走として非公開で開催された1944年(昭和19年)春まで『帝室御賞典競走』の名称で行われていた。

■戦争による中断と再開
1944年(昭和19年)秋季から、第二次世界大戦の影響により中断されたが、戦後の1947年(昭和22年)春に『平和賞』の名前で復活したのち、同年秋から現在の『天皇賞』に改称され、春は京都競馬場、秋は東京競馬場で開催されることになった。

■競走条件の変遷
1981年(昭和56年)春からは『勝ち抜き制』が廃止されて、過去の優勝馬にも出走権が与えられた。これまで、タマモクロス(1988年春・秋)、スーパークリーク(1989年秋、1990年春)、メジロマックイーン(1991年・1992年春)、ライスシャワー(1993年・1995年春)、スペシャルウィーク(1999年春・秋)、テイエムオペラオー(2000年春・秋、2001年春)、シンボリクリスエス(2002年・2003年秋)、メイショウサムソン(2007年春・秋)、フェノーメノ(2013年・2014年春)、そしてキタサンブラック(2016年・2017年春)の10頭が2回以上天皇賞に優勝している。

長年、『3200m・5歳(現4歳)以上』という条件で行われていた天皇賞であるが、1984年(昭和59年)の競馬番組の変革により、秋は距離を芝2000mに短縮し、さらに1987年(昭和62年)から秋の天皇賞には4歳(現3歳)馬が出走できるように条件が変更された。これにより、春は5歳(現4歳)以上のステイヤー日本一を決めるレース、秋は4歳(現3歳)以上の中距離ナンバー1決定戦と、その性格が明確に分けられた。

また、天皇賞は長い間、出走資格を内国産の牡馬・牝馬のみに限定してきたが、2000年(平成12年)春に初めて外国産馬に門戸が開かれた。外国産馬の出走可能頭数は、当初2頭以内であったものが、2002年(平成14年)春から最大4頭、2004年(平成16年)秋には5頭までが出走可能となったのち、2005年(平成17年)春に国際競走に指定され、外国馬は5頭まで出走が認められたことを機に、外国産馬の出走頭数制限は撤廃された。さらに、2007年(平成19年)の日本のパートI 国昇格に伴い、外国馬の出走枠が9頭に拡大された。翌2008年(平成20年)より、国際交流競走として競走内容の充実を図る観点から、せん馬の出走が可能となった。

コースの特徴

f:id:ktake0606:20180513201730p:plain

東京・芝2000m
1コーナー奥にあるスタート地点から2コーナーに向かっていくレイアウト。2コーナーまでの距離が短いため、外めを通らされると距離のロスが大きい。向正面半ばに上り坂があり、そこから3コーナーにかけて下り。直線は525.9m。直線に向いてすぐ約160mの上りがあり、その後約300mはほぼ平坦。坂を上った後に、ゴール前でもう一度末脚を伸ばすことが求められるタフなコース。レース前半を器用に立ち回ることができて、直線でより速い末脚を発揮する能力、タフなコースを押し切れるだけの体力を持つ馬が好走しやすい。

(亀谷敬正)

JRA日本中央競馬会

2016年天皇賞(秋) GⅠ

芝左2000m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

1着 5 8 モーリス 牡5 58 ムーア 1:59.3  
1人気

天皇賞(秋)|2016年10月30日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2016/10/30 第154回 天皇賞(秋)(GⅠ)【モーリス】

天皇賞(秋) GⅠ

出馬表

f:id:ktake0606:20171028230616p:plain

キタサンブラックは4枠7番

順で一番注目していたのは、やはり、キタサンブラックの枠順でしょうか。

 内枠と外枠の結果が極端なので、関心事でありますね。

キタサンブラック | 競走馬データ - netkeiba.com

キタサンブラック・枠順別主なGⅠ成績

1~3枠 [5-2-3-0]菊花賞1着 天皇賞(春)1着2回 JC1着 宝塚記念3着

4~6枠 [2-1-2-0]皐月賞3着 有馬記念3着 大阪杯1着 産経大阪杯2着

7~8枠 [2-0-0-2]ダービー14着 宝塚記念9着 

枠順別主なGⅠ成績・雑感

 タイプ的に内枠で好成績というのも当然といえば当然なのですが、好走、凡走条件を馬場中心に比較して簡単に説明します。

 気になるのは、GⅠレースではダービー14着と宝塚記念9着ですかね。

 そのうち、僕が注目しているのは、2017年宝塚記念9着です。 

 宝塚記念は、非根幹距離GⅠレースの代表で、有馬記念とともに超良血馬が苦手とするコースでもあります。

 超良血馬の得意とするところは、東京2400mを中心とした、根幹距離のレースであり、キタサンブラックのような、決して良血とは言えない非根幹要素の強い馬が、ダービー凡走という話は理解しやすいのです。

 反対に、このタイプの競走馬は、宝塚記念、有馬記念は得意な舞台ともいえるのですが、結果は良くないというところがミソで、今回の予想の最重要ポイントです。

時計がかかると凡走しやすい

 はい、答えちゃいまーす!

 ずばり、時計がかかると凡走しやすい。と言う事です。

 僕は、これを様々なところで、吹聴して来ましたが、もう一度言います。

 時計がかかると凡走しやすい。 

 週末のお天気が気になるところですが、重馬場なら、切ってもいいかも知れませんし、少なくとも1着付けは危険です。

 重馬場、荒れ馬場を苦にしないなら、有馬、宝塚で0勝はあり得ませんから。

 ですので、時計が速いなら1着固定は良い選択なのですが、時計がかかるなら良くない選択といえます。

予想オッズ上位、有力馬参考レース

キタサンブラック・サトノクラウン

予想オッズ

1番人気キタサンブラック 3.1倍

2番人気サトノクラウン  4.9倍

第58回宝塚記念GⅠ

芝右2200m / 天候 : 曇 / 芝 : 稍重 / 発走 : 15:40

1着サトノクラウン   キタサンブラック9着       結果


2017/06/25 第58回 宝塚記念(GⅠ)【サトノクラウン】

宝塚記念雑感

枠の不安と渋った馬場への対応など、単勝オッズ1.4倍ほど不安要素が無いわけではなかった。

 僕自身、レインボーラインとミッキークイーンの2頭軸の3連単で爆死しましたが悔いはない。

 ただ、去年の宝塚並みに渋っていたら、よりチャンスがあったのだろうと今でも思っています。

アルアインと同タイプ

 やはり、スピードに寄ったタイプの馬がキタサンブラック。

 恵まれた馬体とスピードの持続力で押し切るタイプなので、高速馬場と内枠に恵まれたら絶対的に強いのだが、反面、荒れ馬場、外枠は非常に危険。

 宝塚記念での、キタサンブラックの凡走に驚きはない。 

宝塚記念はスタミナ・非根幹型

 宝塚記念はステイゴールド産駒が強く、スピードよりスタミナが問われるレースで、宝塚記念の勝馬から、凱旋門賞2着馬が2頭(計3回)のすべてがステイゴールド産駒となっている。

 ステイゴールド産駒は重馬場を得意としており、非根幹要素のレースも得意。

 宝塚記念自体も同様の要素があることから同産駒が得意としているのだろう。

日本馬は凱旋門賞を制覇する事が出来るのか? ~非根幹距離でこそ、善戦マンよ再び~

宝塚記念より天皇賞(秋)の方が良い

 キタサンブラックもスタミナを問われるレースを苦手としている。

 スローで折り合い、直線での瞬発力勝負も苦手だ。

 ただ、天皇賞(秋)でこのよう資質を問われる事はないと思うし、ある程度のペースで流れてくれれば、ソウルスターリングを連れて、駆け抜けそうな気もする。とにかく、ディープインパクト産駒のフィールドではなく、持続力で勝負したい。

リアルスティール・サトノアラジン・グレーターロンドン・ソウルスターリング

予想オッズ

3番人気リアルスティール  7.7倍

4番人気ソウルスターリング 7.8倍

5番人気サトノアラジン   13.2倍

6番人気グレーターロンドン 14倍

第68回毎日王冠GⅡ

芝左1800m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

サトノアラジン2着 グレーターロンドン3着 ソウルスターリング8着

1着:リアルスティール    


2017/10/08 第68回 毎日王冠(GⅡ)【リアルスティール】

毎日王冠 雑感

天皇賞(秋) -傾向-

1.前走2000m戦以下のGⅡ以上のクラスに出走し上り3位以内若しくは3番人気以上。

サクラアンプルール

ヤマカツエース

かつ、前走毎日王冠なお良い

リアルスティール  ◎ (2個換算)

ソウルスターリング ◎ (同上)

グレーターロンドン ◎ (同上)

サトノアラジン   ◎ (同上)

マカヒキ      ◎ (同上)

2.東京芝2400mGⅠ勝ち経験

キタサンブラック

ソウルスターリング

マカヒキ

ワンアンドオンリー

3.3歳馬、牝馬

ソウルスターリング

4.ディープ産駒を買うなら、母系にノーザンダンサー系

リアルスティール

ディサイファ

マカヒキ

カデナ

サトノアラジン

ステファノス

天皇賞(秋) -傾向- 該当数上位順

4個

ソウルスターリング

マカヒキ

3個

リアルスティール

サトノアラジン

2個

グレーターロンドン

1個

キタサンブラック

サクラアンプルール

ヤマカツエース

ステファノス

カデナ

ディサイファ

ワンアンドオンリー

天皇賞(秋) -傾向- 雑感

 うん、でしょうね。ただ、過去5年の傾向で見ていますから、スピード傾向が出ているように思います。天候次第では、札幌記念組やサトノクラウンの台頭があるように思います。

 天気情報を注視ですね。ちなみに、天皇賞(秋)、重馬場での競争は過去20年でも2001年と00年の2回のみ。

 その時の勝馬がアグネスデジタルとテイエムオペラオー。参考成るやもしれません。

天皇賞(秋) 管理人印 

 サトノクラウンが本命です。決局、キタサンブラック、ソウルスターリングは無印としました。

 2番手以降はディープ産駒がメインで、非根幹要素的な馬で占めました。今日の馬場状態も加味し、非根幹距離1800m戦である、毎日王冠の走りを素直に評価しリアルスティール、サトノアラジン、グレーターロンドンと続きます。そこに、非根幹的で重も得意or得意そうなステファノス、ヤマカツエース、シャケトラ、レインボーラインとなります。

f:id:ktake0606:20171029124348p:plain

天皇賞(秋) 買い目

 的中している。が、これは僕のものではない。うちのヨメのものだ。

 サトノクラウンとレインボーラインの2頭軸というのが、中々素晴らしいし、総流しというところにも、執念というか、かわいらしさを感じる(笑)

 僕の買い目は晒さない事にした。2週続けて間抜けな事になっている。ただ、彼女のお陰で留飲を下げることが出来た。

f:id:ktake0606:20171029230918p:plain

2017年天皇賞(秋) レース結果

f:id:ktake0606:20180513204419p:plain

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

レース映像

天皇賞(秋)レース後コメント   

1着 キタサンブラック(武豊騎手)
 「すごく大きな1勝です。これだけの馬ですから、勝つことが出来てホッとしています。休み明けでしたが、今日は最高のデキでした。スタートでは前扉に突進してしまい遅れましたが、慌てずに状況に合わせて走りました。こういう馬場もこなしてくれると信じて、直線では内に入りました。早めに先頭に立ったことで最後詰め寄られましたが、押し切ってくれました。次走のジャパンカップでは、日本代表として彼らしい走りで連覇を目指します」
(清水久詞調教師)
 「前走後は怪我もなかったので、夏場はゆっくり休ませました。調教ではメニューをしっかりこなしてくれて、状態もとても良かったです。武豊騎手にはレース前"いつも通りに"ということだけ伝えました。ゲートの中で悪さをしているのが見えたので、追い込むしかないなと感じました。本当によく頑張ってくれました」
(北島三郎オーナー)
 「この馬については何も言うことがないです。武豊騎手には"驚かせてごめんなさい"と言われました。武豊騎手や調教師、厩務員のみなさんのおかげで勝つことが出来ました。格好良いままで、最後まで無事に走って欲しいです」
2着 サトノクラウン(M.デムーロ騎手)
 「よく頑張りました。残念です。勝ち馬は強かったです。馬場は得意ではありませんが、よく盛り返してくれました」
3着 レインボーライン(岩田騎手)
 「一瞬はグッと来たのですが...。内をうまく立ち回って、力は出せました。デキも良かったです」

神懸り武豊、大雨不良で驚愕イン突き! キタサン“ワープ”で天皇賞春・秋連覇

レース後 雑感

キタサンごめん。強すぎるわ。

 やっべーキタサン強すぎるだろ?怖いわ。やはり、僕は今日のレースを見てなお確信を深めた事があります。

 最強馬と言うものが在るのだとしたら、日本的な綺麗なグリーンカーペットを道中団子になりながら2000mを仲良く走り、直線残り400m上りだけの競馬を否定しなければいけない。

 学生時代の持久走のような日本競馬を否定していかなければいけない。

スローのヨーイドンを否定する

 これは、競馬に限らずの話で、日本マラソン界でも問題視されているらしく、日本のマラソンで重視されることとは42キロメートルの駆け引きなのだが、アフリカ勢などはそんなものおかまいなしで、最初からビュンビュン飛ばし、そのままゴールになだれ込むと聞く。

 日本的で良しとされるものを、アフリカ勢の力強さやタフさ、または有り余る身体能力でごり押しされ、駆け引きすらさせてもらず、ねじ伏せられてしまうのが、現状のようだ。

キタサンブラックはアフリカ勢

 ディープインパクト産駒が日本的で繊細な駆け引きを必要とするなら、キタサンブラックは、圧倒的な身体能力の高さで、相手をねじ伏せ潰していくといった感があり、日本的な最強馬の基準の変化がこれから起こるかもしれないと予感される、そんなレースだった。

日本的最強馬の価値観を破壊

 ジャパンカップにおいてもキタサンブラックは大本命に推されることは必至。

 ただ、もう分かったよ。

 根幹距離の適性が云々や、東京2400mはノーザンファームでこそ云々などと、もう、この馬に関しては言わない事と決めた。

 日本的な最強馬の価値観を、“社台の庭”とも揶揄される、彼らのフィールドで壊して欲しい。

 東京2400mの大舞台でディープインパクト産駒に代表される超良血馬を圧倒的な力でねじ伏せてほしい。そう思うようなレースだった。

反省会会場