俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2018年京成杯 GⅢ -前走1800~2000m戦で上がり2位以内の馬が好成績-

f:id:ktake0606:20180114114512j:plain

2017年京成杯GⅢ優勝馬コマノインパルス

 

第57回京成杯 GⅢ

芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:35

 

1着 コマノインパルス 牡3 56 田辺裕信 2:02.5

京成杯|2017年01月15日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/01/15 第57回 京成杯(GⅢ)【コマノインパルス】

 

 

2018年 京成杯GⅢ

過去5年 レース映像 

2017年 上述

 

2016年優勝馬 プロフェット


2016/01/17 第56回 京成杯(GⅢ)【プロフェット】

 

2015年優勝馬 ベルーフ


【競馬】2015 京成杯(GⅢ) ベルーフ

 

過去5年 結果

f:id:ktake0606:20180114115306p:plain

引用 - 競馬ラボ

https://www.keibalab.jp

 

出馬表

f:id:ktake0606:20180114121440p:plain

f:id:ktake0606:20180114121343p:plain

引用 - 競馬ラボ

https://www.keibalab.jp

 

news.netkeiba.com

 

過去5年 傾向

前走芝1800~2000m戦で上がり2位以内

過去5年で馬券になった15頭中11頭が該当。複勝率41%、複勝回収率118%


前走新馬戦以外の芝1800m以上を0秒2以上の差をつけ勝った馬

過去5年で複勝率50%、複勝率回収率195%

 

芝1800m以上の重賞で3着以内経験

前走5年で8頭出走して連対率50%、複勝回収率122%

(マイナス)前走で先行や上がり下位の人気馬は危険

3番人気以内で前走3コーナー3番手以内か前走上がり4位以下の馬は過去5年中5頭いるが全滅で、それ以外の人気馬は堅実

穴は短距離血統

人気薄の短距離適性の高い血を持つ馬の激走が目立つ。

 

 

出走有力馬 参考レース

参考レースまとめ


2018年京成杯の参考レース映像

 

第69回朝日フューチュリティ GⅡ

芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

 

9着 ダブルシャープ 牡2 55 和田竜二 1:34.4

1着 ダノンプレミアム 牡2 55 川田将雅 1:33.3

朝日フューチュリティ|2017年12月17日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/12/17 第69回 朝日杯FS(GⅠ)【ダノンプレミアム】

朝日杯フューチュリティS 記事

ktake0606.hatenablog.com

朝日杯フューチュリティS 反省会

ktake0606.hatenablog.com

反省しますた

めっきり、と言うか、すっかり反省することを疎かにしていましたので、今日からしっかり反省会をする事と決めました。ま、それでも、この反省を活かせず、また、だらだら過ごしてしまうのでしょうけども、懲りづにお付き合いください(*- -)(*_ _)ペコリ

強い

前々で、競馬をされ、なおかつ上がり3Fを33秒6でまとめられたら、後方勢は堪らないし、つかまえようがない。後方勢より、良い脚で上がるのだから大したもの。

アルアインタイプなのか

ただ、タイプ的にはスピードによっている感がありますので、クラシック世代で例えるなら、アルアインと言えるかもしれません。馬格もそうですが、非ノーザンFと言うことで、やはりアルアイン同様、皐月賞で狙ってみたい馬と言えます。

第4回ラジオN杯京都2歳S GⅢ

芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

8着 スラッシュメタル 牡2 55 M.デムーロ 2:03.2

1着 グレイル

ラジオN杯京都2歳S|2017年11月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/11/25 第4回 京都2歳S(GⅢ)【グレイル】

京都2歳S 記事

ktake0606.hatenablog.com

京都2歳S 反省会 

ktake0606.hatenablog.com

皐月賞が良いか

こちらもハーツクライ産駒。当レース1番人気であったが、グレイルの2着。

1着馬との比較をするなら、こちらの方がスピードに長けている様に思ったがどうだろう。皐月賞の方がダービーよりも向いてそうな気もするし、レースぶりだけでなく、非ノーザンであるから、皐月賞でこそと、評価して大外れも無いだろう。

サンデー×トニービン

時期の問題もあるのかも知れないが、京都2歳Sは時計がかかっている印象がある。今年も含めて4回になるが、走破時計が2分5秒に迫る年もあり、欧州要素を問われているように思う。

確かに、ノーザンファーム生産馬が優勢なレースでもあるから、一見矛盾するようでもあるが、今年を含め過去4回中ディープ産駒が馬券圏12頭中1頭と、ノーザンファーム要素を問われている割には日本的スターホースが活躍するようなレースではないらしい。

ハーツクライ産駒が台頭するレース

上述の文言は「ノーザンファーム要素はあるがGⅠではワンパンチ足らない馬」という事になるし、それは、そのまま当レースがハーツクライ産駒が台頭するレースである説明にもなっている 

第22回東京スポーツ杯2歳S GⅢ

芝左1800m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:30

6着 コスモイグナーツ 牡2 55 柴田大知 1:48.0

1着 ワグネリアン 牡2 55 福永祐一 1:46.6

東京スポーツ杯2歳S|2017年11月18日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/11/18 第22回 東京スポーツ杯2歳S(GⅢ)【ワグネリアン】

東スポ杯2歳S 記事

ktake0606.hatenablog.com

雑感

完成度もあるのだろうが、ここではワグネリアンが抜けていたね。一頭だけ脚が違い過ぎたし、ディープインパクト産駒らしい差し脚だった。

ディープ産駒は「初」ものが強い。とにかく初めてが大好きで、ディープ産駒を吟味するうえで、キャリア「初」は重視した方が良い。この結果をうけ、ワグネリアンは3連勝でGⅠに向かう事になるかもしれないが、当然「初」GⅠとなるから、ここまでは買いで良い。

その後は、各々の個体差により出世に差異が出てくるであろうが、いずれにせよディープ産駒におけるキャリア「初」は買いとなる。

話が前後したが、当然、今回も「初」重賞だから買いだったのだ。

東スポ杯2歳S 反省会

ktake0606.hatenablog.com

レースに対する集中力

この3つの買い時を踏まえれば、ある程度取捨しやすくなると言えますし、これらすべてはディープインパクト産駒にとって新鮮な気持ちでレースに望むことが、好成績に反映されることを示していて、 

それはつまり「初」=「新鮮」と言う事になる。

それは、何を表しているのかというならば、ディープインパクト産駒とは、レースに対する集中力が長けていると言えるし、また、その集中力を活かすか、ころすかが重要と言える。

飽きさせない事が重要

それはつまり、気持ちが切れると全くダメと言う事。ダービーまでは強かったのにその後さっぱり、みたいな競走馬はおおよそ、このタイプであり、決して身体が衰えたわけではない。気持ちが切れるのだ。

ディープインパクト産駒にとって飽きさせない事が最重要と言える。日本的最強馬はほぼほぼこのタイプと言って良い。

それとは反対に非根幹型最強馬はタフであり、晩成でなおかつスタミナがあるのも、集中力型ではないからと言える。

まぁこれも、持論ではあるのだが...

管理人買い目

f:id:ktake0606:20180114145844p:plain

追加あるかも!当たるよ!(`・ω・´)

レース結果・雑感・動画・反省会

レース映像


2018年01月14日 京成杯 芝2000m 中山競馬場

1着:ジェネラーレウーノ 牡3 (田辺裕信)
2着:コズミックフォース 牡3 (戸崎圭太)
3着:イェッツト 牡3 (蛯名正義)

レースタイム:2:01.2(良)
レース上がり3F:36.3
勝ち馬上がり3F:36.3

take0606.hatenadiary.jp

結果

f:id:ktake0606:20180119064055p:plain

https://www.keibalab.jp

関連記事

news.netkeiba.com

 1000メートル通過59秒7のハイペースを追走しても、ジェネラーレウーノの手応えはたっぷりと残っていた。坂上で先頭に立つと、外から懸命に追い込んだ2着馬を完封。最後は手綱を押さえ加減で半馬身振り切った。昨年のコマノインパルスに続く連覇を決めた田辺は「1頭になると遊ぶ馬だから心配していたが、良かったですね」と1番人気に応え、満足げな表情を見せた。

 時として集中し切れない弱点を、1週前追いから着用したチークピーシーズが補った。「ケイコはあんまりだったが、レースで効いた。100%信じ切れないが…次?怖くて外せません」と矢野師。なぜか松葉づえ姿だ。

 最終追い切り翌日の11日、調教中の事故で右足首を骨折したという。「これが厄払いだって、あいつら(スタッフ)に言ったんだ」。身を切る“験担ぎ”が最上の結果に結びついた。

雑感 

ハイペースの中終始2番手につけ、しっかり1番人気にこたえるのだから良い馬なのだと思う。京成杯勝ち馬からクラシックホースとなると2010年のエイシンフラッシュまで遡らなければならないが、期待できそうな感があるね。

2、3着馬も後方組であることを踏まえると、強い競馬をしたのだし、この先行力は脅威。少なくとも皐月賞までは期待できると言える。

反省会 開催中

ktake0606.hatenablog.com