俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2018年アメリカJCC GⅡ 反省会 -1、2着馬は距離が伸びても良さそう。特にミッキースワローは楽しみな一頭-

f:id:ktake0606:20180122071816j:plain

2018年アメリカJCC優勝馬ダンビュライト

 

AJCC 

芝2200m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

 

1着 ダンビュライト 牡4 55 M.デムーロ 2:13.3

アメリカジョッキーC|2018年01月21日 | 競馬データベース - netkeiba.com

第59回 アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ) ダンビュライト 2018/01/21【競馬】

ktake0606.hatenablog.com

 

 

2018年 アメリカJCC 反省会

管理人 買い目

f:id:ktake0606:20180121141212p:plain

ハズレ

レース結果

f:id:ktake0606:20180122064125p:plain引用 - 競馬ラボ

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

関連記事

news.netkeiba.com

 21日、中山競馬場で行われたアメリカジョッキークラブC(4歳上・GII・芝2200m)は、2番手でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の2番人気ダンビュライト(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、外から追い上げてきた1番人気ミッキースワロー(牡4、美浦・菊沢隆徳厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分13秒3(良)。

 

 勝ったダンビュライトは、父ルーラーシップ母タンザナイトその父サンデーサイレンスという血統。皐月賞3着、日本ダービー6着、菊花賞5着とクラシックで戦い続け、明け4歳のここで念願の重賞初制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
ダンビュライト(牡4)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・音無秀孝
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:11戦3勝(重賞1勝)

 

news.netkeiba.com

~レース後のコメント~
1着 ダンビュライト(M.デムーロ騎手)
「いい状態でした。マイネルミラノは前に行く馬ですが、この馬もVTRを見ると前にいけることはわかっていましたが、フワッとする面があるという印象を持っていました。今日はスタートが良くてちゃんと2番手で我慢できました。道中は良かったです。最後はいい脚を使ってくれました。いい勝ち方で能力が高いです。期待しています。」

 

3着 マイネルミラノ(柴田大知騎手)
「よく頑張っています。偉いです。今後もこういうレースができればチャンスがありそうです。まだ力は衰えていないですね。距離は長いほうが良いでしょう」

4着 ディサイファ(蛯名正義騎手)
「外に押し込まれてしまい切り替えた分、遅れてしまいました。スムーズならもっと上位にいけたと思います」

5着 トーセンビクトリー(田辺裕信騎手)
「先行することも考えていましたが、馬の気持ちを優先して走らせました。折り合いがついて最後も後ろからの馬には交わされていないので、よく頑張っています」

6着 ショウナンバッハ(戸崎圭太騎手)
「スタートして今日は行きっぷりがよくグングンといってしまいました。今日の感じだと距離は詰めたほうが良いかもしれません」

11着 ゴールドアクター(武豊騎手)
「初めて乗りましたが、返し馬の時から良い走りではありませんでした。レースもこの馬らしくない内容で前脚と後脚のバランスが良くなかったです」

7番 ダンビュライト 1着 ———

条件がすべて整う

重賞初勝利する為の条件が、すべて整っていたように思う。

アメリカJCC杯を選んだのも陣営の目論見通りと思うし、また、目論見通りの非根幹要素を問われ、展開も得意の持続力勝負に持ち込みやすくなり、鞍上Mデムーロと共にAJCC優勝という最高のかたちで即答することが出来た。

また、これも目論見通りだが賞金も加算できたのも大きい。

news.netkeiba.com

即答も...

ただ、やはり切れる馬ではない。ディープ産駒やハーツ、キンカメ産駒といった切れ者相手だったとして、どの様な競馬をするのか、という事が常に付きまとう。

この後に話もするが、久々で状態面もいまいちであった、切れ者と言えるミッキースワローも叩いて状態を上げてくることは必至。

切れ者相手に今後どう対応するか如何で、飛躍する可能性もあるのかも知れないのだが...

ただ、これも私見ではあるが、距離自体は持つはずだし、タフなのも良い。国内に拘らず、海外遠征をするとハマりそうな気もする。

 

3番 ミッキースワロー 2着———

GⅠ奪取も有りそう

うん、良い馬だよ。これから楽しみだね。菊花賞は極悪馬場に泣いたが、距離も十分こなせそうだし、GⅠ奪取も有るのではないか。


2017/10/22 第78回 菊花賞(GⅠ)【キセキ】

ktake0606.hatenablog.com

 

経験不足だっただけ

この時点では、キャリアと言うか、タフな経験が少なくデビュー以来7戦目のGⅠ挑戦が極悪不良馬場と面をくらったのではないかとも思う。が、勝ち馬キセキは古馬相手の1000万条件戦(新潟2000m)を終始後手後手を踏むも、直線だけで勝利をもぎ取るタフさをこのころから示していた。

信濃川特別|2017年08月05日 | 競馬データベース - netkeiba.com

 

また、つづく神戸新聞杯でも後方から競馬を進め、上り最速で後のジャパンカップ2着馬レイデオロの2着と力を示した。

神戸新聞杯|2017年09月24日 | 競馬データベース - netkeiba.com


【強い!ダービー馬】2017神戸新聞杯 レイデオロ(C.ルメール)

外部管理blogリンク

take0606.jp

管理blog - レイデオロ 競走成績 全レース動画 記事

 

悲観する必要も無い

話をミッキースワローに戻すが、キセキと比べキャリア不足が菊花賞の結果そのものの差と言えるから悲観する必要も無い。

今日の状態でも力は十分示せているのだし、叩いてこその馬といえるから、次走以降が楽しみでもある。

 

タフで非根幹的であるから...

距離は持つように思うし、非根幹要素も強そうな血統でもあるから、本質的には、タフさも兼ね備えている様なところも良い。

タフで叩いてこその競走馬とは、それはそのまま長距離馬と考えてもよく、非根幹型である事を示している。

それは同時に、荒れ馬場も得意である事も示しているので、ダンビュライト同様に海外遠征をしても楽しみと思って良いといえるかもしれない。