俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2018年東京新聞杯 GⅢ リスグラシュー重賞2勝目、同レース歴代単独最多5勝目。1年4か月ぶりの勝利に武豊「久しぶりに勝ててうれしい」

f:id:ktake0606:20180506191201j:plain

2017年東京新聞杯GⅢ 優勝馬 ブラックスピネル     引用:JRA日本中央競馬会

東京新聞杯 歴史
1951年に創設された重賞競走「東京杯」が本競走の前身で、創設当初は天皇賞(春)の前後に東京競馬場・芝2400mの別定重量で行われていたが、1966年に現在の名称「東京新聞杯」に改められると同時に、開催時期が1月下旬~2月上旬に繰り上げられた。

その後、距離や開催場の度重なる変更を経て、1984年の番組改革により、芝1600mに距離を短縮し、安田記念を頂点とする上半期のマイル路線に組み込まれ現在に至っている。また、負担重量は1959年にハンデキャップに変更されたが、1981年に別定に戻された。

コースの特徴

f:id:ktake0606:20180505090153p:plain

東京・芝1600m
2コーナーにあるスタート地点から、3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウト。向正面半ばに上りがあり、そこから3コーナーにかけて下っていく。最後の直線は525.9m。直線に向いてすぐに約160mの上り(高低差2.0m)があり、その後300mはほぼ平坦。前半が速くなりやすく、坂を上った後にゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される。速い時計の決着になるとスプリンタータイプやインを回ってくる馬が好走しやすく、逆に時計がかかるときには中距離タイプや末脚のしっかりしたタイプが好走しやすい。

(亀谷 敬正)

JRA日本中央競馬会

2017年東京新聞杯 GⅢ
芝左1600m / 天候 : 小雨 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

1着 ブラックスピネル 牡4 56 M.デムーロ 1:34.9

東京新聞杯|2017年02月05日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/02/05 第67回 東京新聞杯(GⅢ)【ブラックスピネル】

2018年東京新聞杯 GⅢ 

過去5年 レース映像


東京新聞杯 過去5年最後の直線(2013~2017)

過去5年 結果 

f:id:ktake0606:20180131050013p:plain

https://www.keibalab.jp

過去5年 傾向

前走芝重賞で一桁着順、特に前走1600m戦以外

・過去5年で馬券になった15頭中12頭が該当。1600m戦以外に限ると複勝率46%、複勝回収率202%

芝1800m以上のオープン勝ち、または重賞連対実績

・近年はより芝中距離指向が強まっており、2017年は該当馬2頭出走し該当馬2頭でレースが決まる

パワーも兼備した直線スピード勝負に対応できる血統

・ディープインパクト産駒。母父サンデー系

・ロベルト系、ヴァイスリージェント系を持つ馬。ダンシングブレーヴの血を内包する馬も良い

出典 - 重賞ビーム2018

https://amzn.to/2HOwVD4

1番人気が10連敗中のレース、好走の条件とは

1番人気が10連敗中のレース、好走の条件

 安田記念へと続く古馬マイル路線の関東における開幕戦。2015年の勝ち馬ヴァンセンヌはその年の安田記念で2着しているが、冬場のGIII戦ということもあって、GIとの結び付きはそれほど強くない。

 過去10年間で1番人気はわずか1連対。安田記念やヴィクトリアマイルが行われるコースということもあって、「馬の格」の順番での決着を想定してしまいがちだが、必ずしもそうなっていないところに、東京新聞杯攻略の糸口が隠されている。

GI実績はあてにならない

 昨年はGIで何度も好走したエアスピネルが、ブラックスピネル、プロディガルサンの後塵を拝して3着に敗れた。一昨年の勝ち馬スマートレイアー、2013年の勝ち馬クラレントのように、GIだと惨敗するもののGII、GIIIなら複数勝てるような馬が好走しやすいレースであり、GIでの好走実績はあまりあてにならない。

前走凡走からの巻き返しは難しい

 前走で掲示板を外していた=6着以下だった馬は、過去10年で勝率2.6%・連対率9.1%と不振。勝ち馬で前走掲示板を外していた馬は2頭だけで、その両頭の前走はいずれもGIで6着だった。

上がりが速くなり不器用なタイプは苦戦

 過去5年間のうち、良馬場で行われた3回のレース上がり3Fは、古い方から順に、33.5、33.5、32.7秒。頭数にかかわらずスローペースに流れることが通例で、早めに動けないタイプは脚を余す危険性が大きい。

出馬表

f:id:ktake0606:20180202202829p:plain

f:id:ktake0606:20180202202844p:plain

https://www.keibalab.jp

東京新聞杯・G3」(4日、東京)
 真冬の冷たい空気を切り裂いた。武豊を背にしたリスグラシューが31日、栗東坂路を鋭伸。先行したダノンパーフェクト(3歳未勝利)に軽いステップで並びかけると、ラスト1F過ぎでギアチェンジ。瞬時に僚馬を置き去りにし、最後は0秒5差突き放した。
 この日の坂路一番時計となる4F49秒8をマーク。自己ベストを0秒8も更新する高速ラップを体感した鞍上は「いい動きでした。以前に比べて体が大きくなっているし、息の入りも良かった。いい雰囲気ですね」と成長ぶりを実感した。

リスグラシューから

向に適っている様にも思う。

 東京新聞杯の最近の傾向とも言えるが、マイルでこその馬で言うほど決まらず、THE根幹距離タイプで決まっている訳でもない。

 また、馬場状態も気になる点からも、出来れば、距離適性が中距離あたりまで対応出来そうな馬を狙ってこそと思う。

アルテミスSを信じる

 そこで浮上するのが、リスグラシューとなる。

 当馬は2歳時にアルテミスSを勝利しているのだが、このレース自体、時計がかかり、欧州的な要素を問われる傾向にある。

 ただ、その問いに対しリスグラシューは勝利で答えを示している。

2016年アルテミスS優勝馬リスグラシュー 


2016/10/29 第5回 アルテミスS(GⅢ)【リスグラシュー】

2017年優勝馬は...

 2017年優勝馬もラッキーライラックと、いかにも重適性やスタミナがありそうな競走馬でもある。

 2014年までのデータとなるが、いかにもな名前が連ねている。

 デビュー間もない2歳馬が、時計のかかる状態の東京1600m戦を勝ち切るのはタフであり、かつ地力が無ければ出来るはずも無い。

 ラッキーライラック同様にリスグラシューの力を一切疑っていない。

take0606.hatenadiary.jp

f:id:ktake0606:20180202205449p:plain

https://www.keibalab.jp

 いかにもな競走馬、血統が名を連ねるアルテミスS。当レース好走馬に関しスタミナや重適性など疑う必要もない。

出走有力馬 参考レース

ディセンバーS

芝右1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:20

3着 グレーターロンドン 牡5 57 田辺裕信 1:48.1 1.1/4
4着 ベルキャニオン 牡6 56 石橋脩 1:48.1 クビ

 

1着 マイネルハニー 牡4 56 柴田大知 1:47.8

ディセンバーS|2017年12月17日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/12/17 中山11R ディセンバーS(OP)【マイネルハニー】

ディセンバーSレース後コメント

 中山11Rのディセンバーステークス(3歳以上オープン、芝1800m)は3番人気マイネルハニー(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。3/4馬身差2着に4番人気ゲッカコウ、さらに1馬身1/4差で3着に1番人気グレーターロンドンが入った。
 マイネルハニーは美浦・栗田博憲厩舎の4歳牡馬で、父マツリダゴッホ母ブライアンハニー(母の父ナリタブライアン)。通算成績は20戦4勝。
~レース後のコメント~
1着 マイネルハニー(柴田大騎手)
 「2番手だと掛かるところがある馬ですが、今日はギリギリ我慢してくれました。早めのスパートでもよく頑張ってくれて、本当に地力のある馬です。勝てて良かったです」

3着 グレーターロンドン(田辺騎手)
 「この馬場で、流れも落ち着いてしまうと後ろからの差し馬には厳しいです。脚は使っているのですが、残念です」 

第67回日刊スポ賞中山金杯 GⅢ

芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:35

5着 ダイワキャグニー 牡4 56 横山典弘 2:00.1 1
10着 カデナ 牡4 56 福永祐一 2:00.3 3/4

 

1着 セダブリランテス 牡4 55 戸崎圭太 1:59.8

日刊スポ賞中山金杯|2018年01月06日 | 競馬データベース - netkeiba.com


競馬 中山金杯2018 結果

中山金杯レース後コメント

 中山11Rの中山金杯(4歳以上GIII・ハンデ・芝2000m)は1番人気セダブリランテス(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒8(良)。クビ差の2着に2番人気ウインブライト、さらにクビ差の3着に10番人気ストレンジクォークが入った。
 セダブリランテスは美浦・手塚貴久厩舎の4歳牡馬で、父ディープブリランテ母シルクユニバーサル(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は5戦4勝。
~レース後のコメント~
1着 セダブリランテス(戸崎圭太騎手)
 「(金杯初勝利は)嬉しいですし、気持ちいいですね。状態もすごく良く感じましたし、自信を持って乗りました。3~4コーナーで少しふらつく所はありましたが、直線はよく伸びてくれました。(今日これで3勝目)幸先良いスタートを切れましたし、リーディングに向けて頑張っていきたいです」
1着 セダブリランテス(手塚貴久調教師)
 「3コーナーでエンジンがかかるのが遅いので、どうしても押して押しての手応えになるのですが、ラジオNIKKEI賞を勝った時も同じような感じでしたからね。展開的にも、途中からマイネルミラノが行ってくれて向いたと思います。本当は広いコースでのびのび走らせてあげるのが良いのでしょうけれど、今日もいい内容のレースをしてくれました。今後に関しては一息入れて考えようと思います」

2017年エリザベス女王杯 GⅠ

芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

8着 リスグラシュー 牝3 54 福永祐一 2:14.7 3/4

 

1着 モズカッチャン 牝3 54 M.デムーロ 2:14.3

エリザベス女王杯|2017年11月12日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/11/12 第42回 エリザベス女王杯(GⅠ)【モズカッチャン】

ktake0606.hatenablog.com

エリザベス女王杯レース後コメント

 京都11Rのエリザベス女王杯(3歳以上GI・牝馬・芝2200m)は5番人気モズカッチャン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒3(良)。クビ差の2着に9番人気クロコスミア、さらにアタマ差の3着に3番人気ミッキークイーンが入った。 
 モズカッチャンは栗東・鮫島一歩厩舎の3歳牝馬で、父ハービンジャー母サイトディーラー(母の父キングカメハメハ)。通算成績は9戦4勝。
~レース後のコメント~
1着モズカッチャン(M.デムーロ騎手)
 「とても嬉しいです。レース前の感じで状態が良いのは分かっていました。いつも一生懸命走る馬で前回も良く頑張りましたが悔しい負けでした。今日もいい競馬をしてくれて前をいくクロコスミアを交わしてくれて嬉しかったです。今日は秋華賞のリベンジが出来ました」
8着リスグラシュー(福永祐一騎手)
 「スタートをうまく出ることができませんでした。今日のような流れになるのは分かっていましたから、スタート次第で前の位置でレースをすることも考えていました。最後は上位と差のないところまできているだけにスタートが全てでした」

ニューイヤーS

芝右 1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:01

1着 ダノンプラチナ 牡6 57 蛯名正義 1:34.5

ニューイヤーS|2018年01月14日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2018/1/14 ニューイヤーS 1着ダノンプラチナ

ニューイヤーSレース後コメント

 中山10Rのニューイヤーステークス(4歳以上オープン、芝1600m)は1番人気ダノンプラチナ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。1馬身1/4差2着に3番人気シュウジ、さらに3/4馬身差で3着に8番人気ダイワリベラルが入った。
 ダノンプラチナは美浦・国枝栄厩舎の6歳牡馬で、父ディープインパクト母バディーラ(母の父Unbridled's Song)。通算成績は14戦5勝。
~レース後のコメント~
 1着 ダノンプラチナ(国枝栄調教師)
「勝つことは出来ましたが、もう少し楽に勝って欲しかったです。ひとまず賞金を加算することが出来て良かったです。脚元に不安を抱えていますが、この中間は順調でした。次走はまた状態を見ながら決めます」

第56回スポニチ賞京都金杯 GⅢ

芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

2着 クルーガー 牡6 57.5 浜中俊 1:34.4 3/4
5着 ストーミーシー 牡5 54 大野拓弥 1:34.5 ハナ

 

1着 ブラックムーン 牡6 57 武豊 1:34.3

スポニチ賞京都金杯|2018年01月06日 | 競馬データベース - netkeiba.com


競馬 京都金杯2018 結果

京都金杯レース後コメント

 京都11Rの京都金杯(4歳以上GIII・ハンデ・芝1600m)は4番人気ブラックムーン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。3/4馬身差の2着に3番人気クルーガー、さらにクビ差の3着に1番人気レッドアンシェルが入った。
 ブラックムーンは栗東・西浦勝一厩舎の6歳牡馬で、父アドマイヤムーン母ロイヤルアタック(母の父ジェネラス)。通算成績は24戦8勝。
~レース後のコメント~
1着 ブラックムーン(武豊騎手)
 「良い馬に乗せてもらってチャンスだと思っていました。末脚の良い馬なので、そこを最大限に生かそうと思ったので、うまくいきました。乗りやすい馬で、ゴーサインを出したら良い脚を使ってくれました。切れますね。ペースが遅かったので、早いかなと思いましたが、動いて勢いをつけて行きました。この馬は強いです。今年もブラックの年にしたいです」
2着 クルーガー(浜中俊騎手)
 「最後は根性で頑張ってくれました。4コーナーでは動けなくなりました。最後は頑張りましたが、トップハンデがひびいたと思います」

ktake0606.hatenablog.

第65回府中牝馬S GⅡ

芝左1800m / 天候 : 曇 / 芝 : 稍重 / 発走 : 15:45

3着 アドマイヤリード 牝4 56 戸崎圭太 1:48.3 1.1/4

 

1着 クロコスミア 牝4 54 岩田康誠 1:48.1

アイルランド府中牝馬|2017年10月14日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/10/14 第65回 府中牝馬S(GⅡ)【クロコスミア】

府中牝馬Sレース後コメント   

 東京11Rのアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(3歳以上GII・牝馬・芝1800m)は5番人気クロコスミア(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒1(稍重)。クビ差の2着に1番人気ヴィブロス、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気アドマイヤリードが入った。
 クロコスミアは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牝馬で、父ステイゴールド母デヴェロッペ(母の父ボストンハーバー)。通算成績は19戦5勝。
~レース後のコメント~
1着 クロコスミア(岩田康誠騎手)
 「逃げる馬がいなかったので、自分のペースで進められました。4コーナーで引き離してどこまで粘れるかと思いましたが、最後まで粘ってくれました。1戦ごとに成長していると思います」
2着 ヴィブロス(C.ルメール騎手)
 「長い休み明けでしたが、いい状態でした。ペースが遅くて勝った馬が止まりませんでした。でも、いい瞬発力は使っていましたし、次は変わってくると思います」
3着 アドマイヤリード(戸崎圭太騎手)
 「本当はもう少し前でレースがしたかったのですが、位置取りが後ろになってしまいました。それでも、最後の脚は素晴らしかったです」

管理人買い目

リスグラシュー1着固定は決まり

購入馬券

f:id:ktake0606:20180204163505p:plain

f:id:ktake0606:20180204163517p:plain

8→3→15 ハズレ

結果・レース映像・雑感・反省会

レース映像


2018/2/4 東京11R 第68回 東京新聞杯(GⅢ)【リスグラシュー】

結果

f:id:ktake0606:20180204163831p:plain

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

リスグラシュー 復活祭 1年4カ月ぶり勝利 武豊「反応良かった」

リスグラシュー重賞2勝目 同レース歴代単独最多5勝目の武豊「久しぶりに勝ててうれしい」

【東京新聞杯】(東京)~リスグラシューが馬群を割って抜け出す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

東京新聞杯レース後コメント

~レース後のコメント~
1着 リスグラシュー(武豊騎手)
 「この馬とのコンビで勝つことができて良かったです。芝は所々ゆるくなっていましたが、しっかり走ってくれて、3コーナーでペースが落ちた時も我慢してくれました。最後の直線でも去年までとは違い割って伸びてくれました。ヴィクトリアマイルが楽しみです」
1着 リスグラシュー(矢作芳人調教師)
 「調教の時からパワーアップしているのを感じました。ただ、入れ込みがきつくて、ゲートも危うかったです。そういった精神面の課題がクリアできればもっと良くなるでしょう。このメンバーで斤量も55キロで勝てたことはかなり大きいです。今後はオーナーと相談しますが、阪神牝馬ステークスからヴィクトリアマイルを予定しています」
2着 サトノアレス(柴山雄一騎手)
 「インから突き抜けられるかと思いましたが...。道中は我慢もききましたし、荒れた馬場でも良い上がりを使ってくれました。勝ち馬と併せる形になっていれば、また違ったはずですが、離れた外から来られてしまいました。まだ若さを残していますし、伸びしろもあると思います」
4着 デンコウアンジュ(蛯名正義騎手)
 「最後もよく伸びてくれました。追い出しを待たされる形になりましたが、馬群を捌いてくることができたのは収穫です。牡馬相手でもよく頑張ってくれました」
5着 ディバインコード(北村宏司騎手)
 「スタートもよく、行こうと思えば行けるくらいでしたが、集中力を持続させるのがポイントだと思ったので、馬の後ろでためて運びました。最後もよく踏ん張っています」
9着 グレーターロンドン(大竹正博調教師)
 「敗因はペースではないと思います。道中好位から運べて伸びなかったということは、後ろからの方が良い馬なのかと思います。馬場を気にしている様子でもないですし、力んでいたわけでもなかったのですが、残念です」
11着 ダノンプラチナ(田辺裕信騎手)
 「ゲートは思ったほど出ませんでしたが、リズムは良かったのでいいかなと思ったのですが...。伸びませんでした」
12着 アドマイヤリード(藤岡康太騎手)
 「この馬のリズムで運べましたし、直線も勝ち馬の後ろでいい感じでしたが、追い出してからいつものこの馬の反応がありませんでした。久々の影響もあったのかもしれません。使ったことで、次は良くなると思います」

反省会 開催中

ktake0606.hatenablog.com