俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2018年京都記念 GⅡ クリンチャーがGI馬4頭を粉砕! 重賞初V!ダービー馬レイデオロは3着

f:id:ktake0606:20180609200423j:plain

2017年京都記念 優勝馬 サトノクラウン     引用:JRA日本中央競馬会

京都記念 歴史

本競走は、1942年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップ競走として創設され、当初は京都競馬場・芝3500メートル(外回り)を舞台に、春と秋の年2回行われていた(1944年の春から1947年の春まで第二次世界大戦の影響により開催中止)。その後、秋の競走は1951年から4歳(現3歳)以上に変更されたのち、1984年から年1回の開催となった。

創設以降、幾度かの条件・距離の変更を経たのち、1994年に負担重量が別定に変更されてからは、斤量面で実績馬が参戦しやすくなり、上半期のビッグレースを目指す有力古馬が本競走を始動戦とすることが多くなった。

コースの特徴

f:id:ktake0606:20180609200740p:plain

京都・芝2200メートル(外回り)
スタート地点から1コーナーまでの距離は約400メートル。1コーナーまでにすんなりとポジションが決まることが多く、決まった隊列のまま淡々と流れやすい。3コーナーの下りあたりからペースが上がり、直線は平坦。一瞬の脚を要求されるレースより、後半長く脚を使い続けることが要求されるレースになりやすい。京都の芝は移動柵がA~Dコースまでとれるため、良好なコンディションが保たれやすく、終始インコースの良い状態が続きやすい。クラシックレースやジャパンカップとは異なる距離、コースで、独特の適性が問われる舞台。この距離を得意とする“2200メートル巧者”が実績馬を負かすケースも多い。

(亀谷敬正)

JRA日本中央競馬会 

2017年京都記念GⅡ

芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 稍重 / 発走 : 15:35

1着 6 6 サトノクラウン 牡5 58 M.デムーロ 2:14.1  
3人気 

京都記念|2017年02月12日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/02/12 第110回 京都記念(GⅡ)【サトノクラウン】

2018年京都記念 GⅡ

過去5年 映像


京都記念 過去5年最後の直線(2013~2017)

過去5年 結果

f:id:ktake0606:20180205125511p:plain

https://www.keibalab.jp

過去5年 傾向

1.前走GⅠを使っている馬。特に前走古馬GⅠ

・過去5年で馬券になった15頭中11頭が前走古馬GⅠ組。複勝率58%、複勝回収率186%。1~3着独占も3回

2.芝2400m以上の重賞で3着内実績

・過去5年で複勝率38%、複勝回収率128%

3.外枠

・過去5年は7、8枠が好成績。6番人気以下で勝った3頭中2頭が8枠

4.前走日経新春杯組は危険

・過去5年で前走日経新春杯組は5番人気以内が5頭いるが、全て馬券圏外

5.タフな欧州型の血が、スピード型の差し馬をねじ伏せる

・ブライアンズタイム、ニジンスキー系、サドラーズウェルズ系の血を持つ馬

・父が母父欧州型ノーザンダンサー系

出典 - 重賞ビーム2018

https://amzn.to/2HOwVD4

過去の傾向を踏まえ、勝手にレイデオロ評

個人的に...

ャパンカップ2着馬が参戦と盛り上がりを見せていますが、個人的にはレイデオロを疑っています。

 もちろん能力に問題はありません。能力ではなく適性を疑っていて、京都記念に対応できるのか、というところに疑念があります。

 同馬はダービー馬であり、また、昨年のジャパンカップでもシュヴァルグランの2着と力を示しています。

東京2400mは京都2400mに非ず

 日本ダービーとジャパンカップは東京2400mで行われ、ノーザンファームの庭と揶揄されるほどノーザンF生産馬が馬券圏内を独占してゆきます。

 当然、馬券的にも同生産馬を中心に予想すれば、的中率は上がる筈です。ただし、配当も低いですがw

 運よく、2017年ジャパンカップは3転単的中する事が出来たのもこの為です。興味ある方は下記にJC記事リンクがありますよ。

 脱線しました*- -)(*_ _)ペコリーノ☆

日本ダービーはジャパンカップに非ず

 同じ東京2400mでも、違いがあるという事を言いたかったのです。

 施行される季節や古馬も出走する事も影響している様にも思うのですが、本質的に、日本ダービーとジャパンカップは違うのです。

 ...クドクド書いてしまいそうなので、切りあげたい。よって、ここから超絶結論を出します。

ジャパンカップ=京都記念≠日経新春杯の可能性なら

 レイデオロは日本ダービー型か、ジャパンカップ型なのかという事です。

 日本ダービー型なら凡走もあると言えますし、ジャパンカップ型なら人気通りとなります。

 もちろん、これも能力の話ではなくタイプの話です。

2017牡馬クラシック世代なら

アルアイン...

 アルアインを上にとりたい。個人的には菊花賞7着を評価していて、極悪不良馬場の菊花賞ならズブズブになるのだろうと予想していた。

 が、いざ、レースがはじまってみると、思いのほかの粘りをみせ、もう少しで掲示板圏内と大健闘をしていた。

 私見ではあるが、本質的には2000m以下の方が向いている様な気がする。

 古馬となり、より適性が問われることになるから、はやめに自分の居場所を見つけてほしい。

レイデオロ...

 好きな馬だし、応援したいけど、京都記念は向いていない様に思う。

 また、同時に重も駄目。

 ましてや、スタミナを問われる京都2200mでの重馬場は、どうにもならないと考えている。ただ、それでも、勝ち切るなら相当の器とみて良いから期待もしたいが、どうだろうか?正直厳しいと思う。

 アルアイン陣営は、重に対するの不安を述べていたが、レイデオロの方がより苦手であると見てる。アルアインが上位で問題ない。

参考記事:

ktake0606.hatenablog.com

過去の傾向を踏まえて、牝馬編

牝馬3頭登録

年は、牝馬クロコスミア、モズカッチャン、ディアドラの3頭が登録していますが、各馬チャンスがあると僕も認識しています。ええ、陣営も通用しないと思ってたら登録すらしないでしょうから、自信があるのだと思います。

過去5年で2頭...

 過去5年で、複勝圏15頭中2頭が牝馬と少ないのですが、その2頭はスマートレイヤー、タッチングスピーチとなります。

 この2頭、牝馬として高いレベルにあり、牡馬相手にも対応する実力馬です。もちろん上述の3頭も実力馬にかわりは無いので、そこの比較はしません。

東京でこその牝馬を疑う

 上述の3頭の内どの馬がスマートレイヤー、タッチングスピーチ型に近いかという事です。

 これも、超絶結論しますが、出来る限り、オークスでこそでないタイプの馬を狙えとなります。また、同様に東京以外の成績の方が良い牝馬を狙えとなります。

牝馬編を踏まえ、3頭の中から選ぶなら...

ディアドラ、モズカッチャン...

 ディアドラ、モズカッチャンの2頭が良いように思う。血統面からも、京都記念、または重適性に不安も無く、秋華賞の再現を期待。

クロコスミア...

 クロコスミアに関しては同条件の女王杯を2着としているが、相手関係も強化され、また、馬場状態も悪化が予想される事から、例え逃げたとしても、前残りは厳しいように思う。

 馬格もない事から前残りはより厳しいと見る。 

出馬表 

f:id:ktake0606:20180209121605p:plain

https://www.keibalab.jp

有力馬 参考レース

2017年ジャパンカップ GⅠ

芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

2着 1 2 レイデオロ 牡3 55 ルメール 2:23.9 1.1/4
2人気

ジャパンカップ|2017年11月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年11月26日 第37回ジャパンカップGI芝2400m 東京競馬場

ktake0606.hatenablog.com

1着:シュヴァルグラン 牡5 (ボウマン)

2着:レイデオロ 牡3 (ルメール)

3着:キタサンブラック 牡5 (武豊)

レースタイム:2:23.7(良)

レース上がり3F:35.1
勝ち馬上がり3F:34.7

前の予想通りキタサンブラックが単騎の逃げ。

 各馬が思い思いのポジション取りを試みるも2番人気レイデオロは神戸新聞杯とは打って変わって発馬が悪く、スタート直後にシュヴァルグランに前をカットされ位置取りを悪くしてしまう。

 終わってみれば、1,2着馬の差はスタート直後の差とも言えるが、後の祭り。

 

 各馬の思惑が絡み合いながら、勝負は最後の直線まで持ち越される。その恵まれ、鍛え抜かれた雄大な馬体をフルに活かし粘り込みをはかるキタサンブラック。

 道中、内でジッと我慢し脚を溜めていたシュヴァルグラン。前年のJCでは3着に敗れ、この機会を待っていたとばかりに、逃げるキタサンブラックに坂上で末脚一閃。

 一気に突き放し勝利を確実のものとする。

 外からは、レイデオロが迫ってくるも、封じて念願のGⅠタイトルを手にした。

 キタサンブラックは落鉄が影響したのか、最後のひと伸びに陰りが。

キタサンブラック -4歳編- 最強世代はひとつで良い。コイツにも負ける気はしない - 競走馬

キタサンブラック -3歳編- 最高の舞台で証明するために今ここにいる - 競走馬

2017年菊花賞 GⅠ

芝右 外3000m / 天候 : 雨 / 芝 : 不良 / 発走 : 15:40

2着 2 4 クリンチャー 牡3 57 藤岡佑介 3:19.2 2
10人気
7着 8 16 アルアイン 牡3 57 ルメール 3:19.7 ハナ
2人気

菊花賞|2017年10月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年10月22日第78回 菊花賞GⅠ 芝3000m 京都競馬場

1着=⑬キセキ 牡3 57 (M.デムーロ) 1番人気
2着=④クリンチャー 牡3 57 (藤岡佑介) 10番人気
3着=⑭ポポカテペトル 牡3 57 (和田竜二) 13番人気
タイム=3:18.9(不良)
レース上がり3F=40.0
勝ち馬上がり3F=39.6
3連複=136,350円
3連単=559,700円
2017年秋競馬は他馬との戦い以前に馬場状態との戦いの様相を呈していたように思う。
 天気予報と睨めっこの陣営もあったのではないかとも思うが、菊花賞も引き続き不良馬場の1戦となった
 
 タフなコンディションで行われた牡馬クラシック最後の1冠。
 
 スタートからウインガナドルが先頭に立つも、レース途中マイスタイルがハナを奪い返す出入りの激しい前にとっては厳しい流れ。
 
 なおかつ、馬場状態も手伝って、本来の菊花賞なら前残りとなりがちなのだが、内の悪い馬場を嫌い外々へと進路を探りに行く厳しい競馬となり、後方待機の馬にもチャンスが到来する。
 
 中団にいた有力馬が一気に前をとらえに4コーナーへ殺到し直線コースへ。各馬が直線入り口では先頭をうかがう積極的な競馬。
 
 その中から、クリンチャーが早めに先頭に抜け出す手応え。直線堂々、有力馬を振り切りにかかるも、大外から豪快に追い込んできた1番人気キセキがまとめて差し切りクラシックタイトルを手中に収めた。
 
 3着は13番人気ポポカテペトルが入線し大波乱の決着。

ktake0606.hatenablog.com

2017年エリザベス女王杯 GⅠ

芝右 外2200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

1着 3 5 モズカッチャン 牝3 54 M.デムーロ 2:14.3  
5人気
2着 2 4 クロコスミア 牝4 56 和田竜二 2:14.3  
9人気
12着 6 11 ディアドラ 牝3 54 岩田康誠 2:15.1  
4人気

 エリザベス女王杯|2017年11月12日 | 競馬データベース - netkeiba.com

2017年11月12日第42回 エリザベス女王杯GⅠ 芝2200m 京都競馬場

1着=⑤モズカッチャン 牝3 54 (M.デムーロ) 5番人気
2着=④クロコスミア 牝4 56 (和田竜二) 9番人気
3着=⑩ミッキークイーン 牝5 56 (浜中俊) 3番人気
タイム=2:14.3(良)
レース上がり3F=34.4
勝ち馬上がり3F=34.1
インズミラーグロが1枠1番から押し出される、ならばと意表をつく逃げを打ちレースは膠着状態となる。
 
 まんまとペースを落とし、前半1000m通過のラップタイムが62秒フラットと完全な前有利の展開。
 
 最後の直線では瞬発力勝負となった。
 
 内枠を活かし、番手から抜け出したステイゴールド産駒クロコスミアが必勝態勢に入るも、馬群の間を割りモズカッチャンが差し込み、最後は大外から10番ミッキークイーンと3頭並んでのゴールイン。僅かクビ差前に出たモズカッチャンがGⅠ初勝利となった。
 
 また、休み明けをものともせず3着に入線したミッキークイーン。唯一、後方から追い込んで地力の高さを示し、現役牝馬最強を改めて知らしめた。
 
Mデムーロ騎手はGⅠ騎乗機会9連続複勝圏内という驚異的な記録を達成。

ktake0606.hatenablog.com

 

管理人買い目 3連単3.4.5.10

京都記念 レース結果

f:id:ktake0606:20180609203410p:plain

レース映像


2018 2/11 京都11R 京都記念 GII クリンチャー 藤岡佑介

クリンチャーがGI馬4頭を撃破! ダービー馬レイデオロは3着

クリンチャー並み居るGI馬を倒して重賞初V

【京都記念】G1馬4頭を粉砕!菊花賞2着クリンチャーが重賞初V!レイデオロ3着 | トピックス | 競馬ラボ

【京都記念】驚異の成長曲線描くクリンチャーが同期のGI馬4頭を蹴散らす

京都記念レース後コメント

1着 クリンチャー(藤岡佑騎手)
 「よく差し切ってくれました。思ったよりいいスタートが切れて、有力馬が外にいるのを見ながら内側でレースをしました。最後の直線ではこの馬の強さを見せてくれました。毎回違うパターンでレースが出来ていますし、あとはGIのタイトルを目指すだけです」
2着 アルアイン(川田騎手)
 「菊花賞以来の実戦でしたが、レース内容は良かったと思います。今回のレースが(目標とする)大阪杯につながればと思います」
3着 レイデオロ(バルジュー騎手)
 「休み明けだったせいか、向正面でペースが落ちた時に少し引っ掛かりました。それでも4コーナーまではいい手応えだったのですが、決してバテてはいないのにジリジリとしか伸びませんでした」
(藤沢和雄調教師)
 「もっと楽な感じでレースが出来るかと思っていたのですが、スッと出て行ったのが良くなかったのか、引っ掛かっていたようです。今日(の敗因)はそれだけです。もう一度馬を作り直します」
4着 モズカッチャン(M.デムーロ騎手)
 「よく頑張って走っています。3コーナーから内に入った時に少しゴチャついて、直線で先頭に立った後は少し疲れた感じになりました。それでも強い相手に対していいレースでした」
5着 ケントオー(小牧騎手)
 「力はつけています。展開も向きました。時計は掛かった方がいいです」
6着 ディアドラ(福永騎手)
 「スタートは良くて流れに乗れました。ですが、追ってから反応がなかったです。坂の下りから手応えが良くなかったです」

レース後雑感

折り合いが全てか...

イデオロは、折り合いを欠いていた感があった。

 スタートもいつもと同様に悪く、終始後手を踏んでいた。

 ただ、馬場状態が悪化していたこと自体は、発馬の悪い同馬にとっては救いで、逆に時計の速い馬場での出遅れなら完全にアウト。

 京都記念の出遅れ自体、3着と言う結果とはあまり関係がない。

 やはり、気性面が全てで、今後とも問題になりそう。

最強世代交代か

 1,2着は菊花賞組と、同レースで良い競馬をした4歳勢がワンツー。

 5着ケントオーを除くと6着までに、出走4歳馬計5頭が全て入線と言う結果。今年も現4歳勢の勢いは続いている。

反省会 公開中

ktake0606.hatenablog.com

2018年古馬中長距離路線   

ktake0606.hatenablog.com