俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2018年函館スプリントS GⅢ GI馬セイウンコウセイ、1年4カ月ぶりV 池添“逃げ作戦”で復活導いた

f:id:ktake0606:20180610161418j:plain

2017年函館スプリントS 優勝 ジューヌエコール    引用:https://www.sponichi.co.jp/

函館スプリントS 歴史
本競走は、夏季競馬の短距離重賞の充実を図るため、1994年に4歳(現3歳)以上の混合・別定の重賞競走『札幌スプリントステークス』として創設され、第1回から第3回まで札幌競馬場の芝1200mで行われた。1997年から札幌競馬と函館競馬の開催順序が入れ替えられたため、舞台を函館競馬場の芝1200mに移し、レース名を『函館スプリントステークス』に改称して行われている。また、2006年から、夏季競馬をさらに盛り上げるため設けられた『サマースプリントシリーズ』の第1戦に指定された。その後、2012年に開催時期が6月の中旬に繰り上げられた。

本競走の上位入着馬は、初秋に行われているGI・スプリンターズSで活躍する馬が多く、2000年の2着馬ダイタクヤマト、2004年の3着馬カルストンライトオ、2011年の1着馬カレンチャン、そして2012年の2着馬ロードカナロアがスプリンターズSで優勝を果たしており、秋のGI 戦線を占う上でも見逃せない一戦と言える。

コースの特徴

f:id:ktake0606:20180610161556p:plain

函館・芝1200m
スタート地点は2コーナー奥の引き込み線にあり、バックストレッチを3コーナーまで真っすぐに向かっていくレイアウト。バックストレッチ、3コーナー、4コーナーの入り口にかけて緩やかに上り、4コーナーの途中から直線(残り約100m付近)まで緩やかに下って、ラスト100mは平坦となる。直線の距離は262.1m(Aコース使用時)。レース前半が厳しいため、後半で上がりのかかるタフなコース。スプリント能力はもちろんだが、洋芝のタフな馬場を走り抜くパワーも要求される。

(亀谷敬正)

JRA日本中央競馬会

2017年函館スプリントS GⅢ

芝右1200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:25

1着 6 8 ジューヌエコール 牝3 50 北村友一 1:06.8  
3人気

函館スプリントS|2017年06月18日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/06/18 第24回 函館スプリントS(GⅢ)【ジューヌエコール】

2018年函館スプリントS GⅢ

過去5年 レース映像


函館スプリントS 過去5年最後の直線(2013~2017)

過去5年 結果

2017年 結果   

f:id:ktake0606:20180610162654p:plain

2013~2016年 結果   

f:id:ktake0606:20180610162706p:plain

https://www.keibalab.jp

過去5年傾向 

前走芝1400m以上

・過去5年で複勝率36%、複勝回収率225%

芝1400m以上の重賞で3着以内実績

・過去5年で複勝率25%、複勝回収率166%。8番人気以下で2勝

3、4歳馬

・過去5年複勝率39%、複勝回収率247%。2017年はワンツー。2016年は1~4着独占。

平坦小回りの1200m適性の高いノーザンダンサー系が走る

・父がヴァイスリージェント系などの1200m適性の高いノーザンダンサー系

・父キングマンボ系

・父Pサンデー系。特にキングマンボ系かノーザンテーストの血を持つ馬

出典 - 重賞ビーム2018

https://amzn.to/2HOwVD4

Pサンデー系

・アグネスタキオン
・アドマイヤマックス
・オレハマッテルゼ
・キンシャサノキセキ
・サクラプレジデント
・スズカフェニックス
・ダイワメジャー
・デュランダル
・フジキセキ

出馬表

f:id:ktake0606:20180617055347p:plainhttps://www.keibalab.jp

出走有力馬 参考レース

前走 高松宮記念(GⅠ)組


2018/03/25 第48回 高松宮記念(GⅠ)〈レース結果〉

ktake0606.hatenablog.com

高松宮記念レース後コメント   

~レース後のコメント~
1着 ファインニードル(川田将雅騎手)
 「届いていてホッとしました。道中はスムーズで、この馬のリズムで良い形で運べました。左回りも全く問題なくスムーズでした。中京の直線は長いですから急ぎすぎないようにしましたが、最後は何とか届いてくれという思いでした。(馬主の)ゴドルフィンにとって最初のGIを勝つことができたので感謝したいです」
2着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)
 「状態はすごく良かったですし、ロスなく行けました。結果的に仕掛けが早かったかもしれません。坂を上がってからちょっと脚色がにぶりました。よく走ってくれましたが...」
3着 ナックビーナス(三浦皇成騎手)
 「無理に行かず我慢させる、理想的な競馬が出来ました。ソラを使うところがあると聞いていたので、じっくりと運びましたが差はわずかでしたし、あそこまでいったら勝ちたかったです」
5着 ブリザード(K・ティータン騎手)
 「スタートもよく、良い位置でレースが出来ました。直線も馬に力はありましたし、馬場の荒れていない所へ出せたまでは良かったです。ただ、初めてのちょっと深い馬場で、力が空回りしたような感じになってしまいました。もう少し硬い馬場なら、もう少し上位にいけたかもしれません。ただ、馬は全力を出してくれました」
5着 ブリザード(P・イウ調教師)
 「良馬場でしたが、馬場が乾ききっておらず、馬には少し合いませんでした。キックバックも多く、また、芝の長さも香港より長く、馬には初めての経験でした。スプリンターズSと同じ5着でしたが、非常に良い走りをしてくれて嬉しいです。また機会があれば日本に馬を連れてきたいです」
6着 セイウンコウセイ(松田大作騎手)
 「良い感じだったのですが...。ダイアナヘイローが行くだろうと考えていましたし、あの形になると思っていました。頑張ってくれているのですが...。残念でした」
8着 レッドファルクス(M・デムーロ騎手)
 「スタートは出ましたが、進んで行きませんでした。3~4コーナーでは手応えがなく、直線は頑張って伸びてくれたのですが...」

ナックビーナス 3着 三浦皇成

通算成績 25戦6勝 [6-8-4-7]
主な勝鞍 16'オーロC(OP)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

2走前 オーシャンS(GⅢ) 2着 横山典弘


2018/03/03 第13回 オーシャンS(GⅢ)〈レース結果〉

ktake0606.hatenablog.com

3走前 シルクロード(GⅢ) 5着 勝浦正樹


2018/1/28 京都11R 第23回シルクロードS(GⅢ)【ファインニードル】

ktake0606.hatenablog.com

ダイアナヘイロー 18着 松山弘平

通算成績 20戦7勝 [7-4-1-8]
主な勝鞍 18'阪急杯(G3)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

2走前 阪急杯(GⅢ) 1着 武豊


2018/02/25 第62回 阪急杯(GⅢ)〈レース結果〉

ktake0606.hatenablog.com

3走前 シルクロード(GⅢ) 16着 武豊


2018/1/28 京都11R 第23回 シルクロードS(GⅢ)【ファインニードル】

ktake0606.hatenablog.com

キングハート 10着 北村宏司

通算成績 25戦6勝 [6-6-1-12]
主な勝鞍 18'オーシャンS(G3)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

2走前 オーシャンS(GⅢ) 1着 北村宏司


2018/3/3 中山11R 第13回 オーシャンS(GⅢ)【キングハート】

ktake0606.hatenablog.com

3走前 シルクロードS(GⅢ) 8着 中谷雄太


2018/1/28 京都11R 第23回シルクロードS(GⅢ)【ファインニードル】

ktake0606.hatenablog.com

ジューヌエコール 17着 福永祐一

通算成績 11戦4勝 [4-0-0-7]
主な勝鞍 16'デイリー杯2歳S(G2)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

ジューヌエコール 近3走   


ジューヌエコール 過去3走 【函館スプリントS 2018 参考レース】

前走 京王杯スプリングC(GⅡ)組


2018/05/12 第63回 京王杯スプリングC(GⅡ)〈レース結果〉

ktake0606.hatenablog.com

セイウンコウセイ 12着 三浦皇成

通算成績 22戦6勝 [6-6-0-10]
主な勝鞍 17'高松宮記念(G1)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

セイウンコウセイ 近4走   


セイウンコウセイ 過去4走 【高松宮記念 2018 参考レース】

ラインスピリット 5着 森一馬

通算成績 43戦8勝 [8-6-3-26]
主な勝鞍 16'夕刊フジ杯オパールS(OP)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

ラインスピリット 近3走   


ラインスピリット 過去3走 【オーシャンS 2018 参考レース

アドマイヤゴッド 9着 内田博幸

通算成績 34戦5勝 [5-2-3-24]
主な勝鞍 17'函館日刊スポーツ杯(1600万下)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

アドマイヤゴッド 近3走   


アドマイヤゴッド 過去3走 【函館スプリントS 2018 参考レース】

前走 鞍馬S組


2018年5月6日 京都11R 鞍馬ステークス (OP) ティーハーフ

1着 ティーハーフ(国分優騎手)
 「久々にこの馬らしい競馬で、いい伸びでした。58キロでもしっかり駆け抜けてくれました。この1勝は本当に嬉しいです」
2着 ライトフェアリー(酒井騎手)
 「出して行きましたが、思いのほか速くならず、理想的な競馬でした。手応えも良く、何とかなるかと思いましたが、勝ち馬の決め手にやられてしまいました」
3着 カラクレナイ(松若騎手)
 「しっかり脚をためることが出来ました。一瞬の切れ味はすごいものがあります。もう少し追い出しを待っても良かったかもしれません」
4着 セカンドテーブル(水口騎手)
 「ゲートを出て、行く馬を行かせて、思い通りの競馬が出来ました。最後は目に見えない疲れがあったかもしれません」

ティーハーフ 1着 国分優作

通算成績 40戦7勝 [7-3-6-24]
主な勝鞍 15'函館スプリントS(G3)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

2走前 京阪杯(GⅢ) 13着 国分優作


2017/11/26 第62回 京阪杯(GⅢ)【ネロ】

ktake0606.hatenablog.com

3走前 毎日スワンS(GⅡ) 18着 国分優作


2017/10/28 第60回 スワンS(GⅡ)【サングレーザー】

ktake0606.hatenablog.com

(地)ライトフェアリー 2着 酒井学

通算成績 21戦6勝 [6-2-2-11]
主な勝鞍 18'船橋S(1600万下)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

ライトフェアリー 近3走


ライトフェアリー 過去3走 【函館スプリントS 2018 参考レース】

前走 別路線組

ワンスインナムーン 京都牝馬S(GⅢ) 5着 石橋脩

通算成績 18戦6勝 [6-3-1-8]
主な勝鞍 17'朱鷺S(OP)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

前走 京都牝馬S(GⅢ) 5着 石橋脩


2018/2/17 京都11R 第53回 京都牝馬S(GⅢ)【ミスパンテール】

ktake0606.hatenablog.com

京都牝馬Sレース後コメント   

news.netkeiba.com

~レース後のコメント~
1着 ミスパンテール(横山典騎手)
 「返し馬からテンションが高かったことが今日は気になりましたが、上手に走ってくれて良かったです。馬場の影響もあり、前回ほどの切れ味はありませんでしたが、よく頑張ってくれました」
2着 デアレガーロ(大竹正博調教師)
 「スローペースで、前半折り合いを欠いていました。もう少し流れてくれていたらスムースだったかもしれません。それでもよく頑張りましたし、先々が楽しみです」
3着 エスティタート(武豊騎手)
 「早め先頭の競馬を狙って、いいレースが出来ました」
4着 エンジェルフェイス(岩田騎手)
 「1400mでも対応出来ました。直線ではもう一度脚を使ってくれました」
5着 ワンスインナムーン(石橋脩騎手)
 「内枠でしたし、自分の競馬をしました。直線にすごくいい形で向けましたが、最後は内と外の差が出た感じがします」

2走前 香港スプリント(GⅠ) 12着 Zパートン   


2017/12/10 第19回 香港スプリント(G1)ミスタースタニング

3走前  スプリンターズS(GⅠ) 3着 石橋脩


2017/10/01 第51回 スプリンターズS(GⅠ)【レッドファルクス】

(地)ヒルノデイバロー 阪急杯(GⅢ) 17着 四位洋文

通算成績 30戦6勝 [6-6-3-15]
主な勝鞍 16'羅生門S(1600万下)   

競馬ラボ - 予想に役立つ競馬情報が全て揃うポータルサイト

前走 阪急杯(GⅢ) 17着 四位洋文


2018/02/25 第62回 阪急杯(GⅢ)〈レース結果〉

ktake0606.hatenablog.com

阪急杯レース後コメント   

news.netkeiba.com

~レース後のコメント~
1着 ダイアナヘイロー(武豊騎手)
 「今日は(引退する)福島先生の最後の重賞でしたからね。それが第一でした。道中はリズムよく、途中から先手を取るいい形。でも最後はさすがに一杯一杯で、『勝ってくれ』と神様にお願いしました。お世話になった先生ですから、とにかく嬉しいです。昨年はこの馬といいレースをしてきましたから、本当に良かったです。競馬にはこういうこともあります。それに携われて幸せです」
2着 モズアスコット(C・ルメール騎手)
 「今日は外枠が大変でした。ペースがあまり速くなく、少しひっかかりました。その分反応が少し遅れました。直線ではよく伸びたのですが...。少しレース間隔が開いていましたし、次は楽しみです」
3着 レッドファルクス(川田将雅騎手)
 「終いの脚を生かすレースをするよう指示がありました。道中は自分のリズムで走らせて、モズアスコットの後ろからいい伸びを見せてくれました。着差が着差だけに申し訳ない結果でした。しかし、休み明けを考えるといい脚を使っています」
4着 ニシノラッシュ(幸英明騎手)
 「最後までしっかりとよく伸びてくれました。馬の状態が良くなっていました」
5着 ペイシャフェリシタ(松田大作騎手)
 「最後は伸びていますが、この馬は1200mの方が切れる馬だと思います」
6着 シュウジ(福永祐一騎手)
 「レースはいいリズムで運べました。ただ展開がスローの団子状態になって最内も最後しかあきませんでした。スペースを見つけることができませんでした。残念です」

2走前 京阪杯(GⅢ) 10着 古川吉洋


2017/11/26 第62回 京阪杯(GⅢ)【ネロ】

ktake0606.hatenablog.com

3走前 スワンS(GⅡ) 2着 四位洋文


2017/10/28 第60回 スワンS(GⅡ)【サングレーザー】

ktake0606.hatenablog.com

函館SS レース結果

f:id:ktake0606:20180618071900p:plain

https://www.keibalab.jp

レース映像


2018/06/17 第25回 函館スプリントS(GⅢ)〈レース結果〉

函館スプリントSレース後コメント

1着 セイウンコウセイ(池添謙一騎手)
 「最後は際どかったですが、よく凌いでくれました。この枠でしたし、しっかりスタートを切ってくれたので、主張して行きました。最後は詰め寄られましたが、よく頑張ってくれました。すごく乗りやすくて、力のある馬です。自分のレースができればと思っていました。復活のお手伝いができて嬉しいですし、良かったです」
(上原博之調教師)
 「滞在競馬で気候も涼しく、いい状態でレースに臨めました。GI馬ですしホッとしています。暑さに弱いところがありますので、この後は馬の様子を見てオーナーと相談して、GIに向けて一度使うかどうか決めます」
2着 ヒルノデイバロー(四位洋文騎手)
 「よく頑張りましたが、あそこまで行ったらかわしてほしかったです。悔しいです」
3着 ナックビーナス(三浦皇成騎手)
 「リズム良く行けましたが、前が止まりませんでした。3番手でスムーズに、最後まで頑張ってくれています」
6着 ラインスピリット(森一馬騎手)
 「いつもは楽に行けるのですが、初めての洋芝の影響か、ずっと手を動かしての追走でした。直線はジリジリ伸びていますし、後半の方が走りはスムーズでした」
8着 ワンスインナムーン(石橋脩騎手)
 「スタートを上手に出て、セイウンコウセイが行きたそうでしたから、行かせてレースを進めました。道中いい感じでしたが、直線で伸びあぐねてしまいました」
16着 ライトフェアリー(柴山雄一騎手)
 「外の4番手できつい感じになってしまいました。自分の形にできなかったことが敗因と考えます」

GI馬セイウンコウセイ、復活の逃げ切りV!

 17日、函館競馬場で行われた函館スプリントS(3歳上・GIII・芝1200m)は、先手を取った池添謙一騎手騎乗の3番人気セイウンコウセイ(牡5、美浦・上原博之厩舎)が、そのまま直線に入ってゴールまで粘り切り、外から猛然と追い上げた10番人気ヒルノデイバロー(牡7、栗東・昆貢厩舎)にハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分7秒6(良)。
 さらにクビ差の3着に1番人気ナックビーナス(牝5、美浦・杉浦宏昭厩舎)が入った。なお、2番人気ワンスインナムーン(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)は8着に終わった。
 勝ったセイウンコウセイは、父アドマイヤムーン母オブザーヴァントその父Capoteという血統。昨年3月のGI・高松宮記念以来、約1年3か月ぶりの勝利となった。

1年4カ月ぶりV 池添“逃げ作戦”で復活導いた

 初コンビの池添に迷いはなかった。「この枠ですし、スタートを出たら行こうというのは頭の中にありました」。最内枠から好ダッシュを決めると、セイウンコウセイをハナヘ導く。前半3F通過33秒1のマイペースに持ち込むと、直線に入っても勢いは止まらない。ゴール前で2、3着馬が肉薄してきたが、しぶとく鼻、首差しのいで先頭でフィニッシュを決めた。
 「最後は詰め寄られたけど、よく頑張ってくれた」と池添。昨年の高松宮記念以来となる約1年4カ月ぶりの勝ち星に、上原師も「長かった?そうですね。G1馬だから、勝ててホッとしています」と喜びをかみしめた。
 G1馬として参戦した昨年は、1番人気に支持されながら4着に敗れた。その後も本来の走りが見られず、陣営は今回からチークピーシーズを装着。集中力がアップして、ラストまでしっかり走れるようになった。「馬体も減っていなかったし、ジョッキーも上手に乗ってくれた。チークも効いていたね」とトレーナーは確かな手応えをつかんだ様子だ。
 今後は北海道日高町の西山牧場へ放牧に出され、状態を見ながらスプリンターズS(9月30日・中山)に直行するか、ステップレースを挟む予定だ。「G1馬だから力があります。きょうは復活のお手伝いができて良かった」と池添。今度はさらなる大舞台で、完全復活を証明する。