俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2018年セントライト記念 GⅡ 反省会 |ジェネラーレウーノが強かった!条件次第では菊花賞でも勝負になるとみる

f:id:ktake0606:20180918061509j:plain

ジェネラーレウーノが中山で持久力を生かす | 競馬JAPAN

セントライト記念 反省会

2018年セントライト記念 (GⅡ) 優勝 ジェネラーレウーノ   


セントライト記念 レース結果 動画 2018年

レース結果   

f:id:ktake0606:20180917161737p:plain

朝日セントライト記念の結果・払戻情報【2018年9月17日中山11R】 | 競馬ラボ

ジェネラーレウーノが強かった!

2018年 皐月賞 (GⅠ) 3着

 今年の皐月賞でも、時計のかかる馬場をアイトーンとジュンヴァルロらとともにレースを引っ張り、3頭の中でジェネラーレウーノだけが複勝圏に粘りこむ。

2018年皐月賞 (GⅠ) 優勝 エポカドーロ   


2018/04/15 第78回 皐月賞(GⅠ)〈レース結果〉

2018年 京成杯 (GⅢ) 1着

 京成杯でも時計のかかる馬場を2番手でレースを進め、残り200m付近で先頭に立つと、コズミックフォース、イェッツトを封じて重賞制覇。

2018年京成杯 (GⅢ) 優勝 ジェネラーレウーノ   


【競馬】2018年京成杯 ジェネラーレウーノ

京成杯時点から高評価をしていた(*‘ω‘ *)!

  手前みそになってしまいますが、僕個人の話をさせてもらうと、京成杯を観戦後に皐月賞を制覇をするものだと、その位の力があるのだとの感じました。また、上述にもあるように本番の皐月賞でも驚異の粘り腰。うん、馬を見る目よ(^_-)-☆

 馬券は3連単購入と欲張りすぎたことで、的中することはできませんでしたが、下記リンクから確認してもらうと分かると思うのですが、選んだ6頭に関しては間違いない。6頭の3連複なら、500倍的中だったことになるのですが、良いですもう。

購入馬券   

2018年京成杯 反省会 ジェネラーレウーノに皐月制覇の機会あり - 俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

2018年皐月賞 GⅠ — 過去5年共同通信杯優勝馬は4頭出走し3頭が皐月賞も制している - 俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

菊花賞でも条件次第では勝負になる!

 菊花賞でも、馬場状態と枠順次第では勝負になるとみている。GⅠ7勝馬のキタサンブラックと似たような競争成績を今年に入ってから収めている同馬ですが、キタサンが勝利したような条件なら、戴冠もあると思います!

2015年菊花賞 (GⅠ) 優勝 キタサンブラック   


2015/10/25 第76回 菊花賞(GⅠ)【キタサンブラック】

キタサンブラックが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

ジェネラーレウーノが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

2着レイエンダ「枠と経験の差」

タイプ的には菊花賞よりもジャパンカップでこそとみるが...

 2着のレイエンダに関しては、鞍上のルメールが言うように「枠と経験の差」というところでしょうし、個人的な考えとお断りしつつ、菊花賞よりもジャパンカップでこそとみています。

 現状、JC出走権が確保できていないように思いますので、アルゼンチン共和国杯を使ってから、ジャパンカップ参戦となるのでしょうか。ただ、これも課題も多く、アルゼンチン共和国杯を勝利する準備と、それを確実にものにすること。

 また、JCまで日程的に間隔も無いことから、たとえ勝利したとしても、気性の面でも、うるさくなるような気もする事からも、本番ではどうか、となります。

日本馬の出走権
レーティング上位5頭に優先出走権が与えられる(レーティングが同じ値の場合は「近走成績や距離実績などを総合的に勘案して」順位をつけているとしている)。
その他は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。

ジャパンカップ - Wikipedia

2017年ジャパンカップ 優勝 シュヴァルグラン   


2017/11/26 第37回 ジャパンC(GⅠ)【シュヴァルグラン】

全兄のレイデオロは神戸新聞杯からJC参戦

 全兄のレイデオロは神戸新聞杯を勝利してから、菊花賞には向かわず、ジャパンカップに参戦し、王者キタサンブラックやシュヴァルグランなどを古馬勢を向こうに回し、2着に大健闘。

レイデオロが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

キタサンブラックが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

シュヴァルグランが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

2017年東京優駿 (日本ダービー) 優勝 レイデオロ   


2017/05/28 第84回 東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)【レイデオロ】

素直に菊花賞に参戦するのが現実的か

 入れ込んで、レース前に終了というのも大いにあり得るので、JC参戦はきついと考えるのが自然。菊花賞トライアルである、セントライト記念を2着と権利は獲得したのだから、素直に菊花賞に参戦するのが無難となります。

 JCに関しては、成長具合も見つつ来年以降となるのだとかんがえます。

セントライト記念 - Wikipedia

アルゼンチン共和国杯 - Wikipedia

ジャパンカップ - Wikipedia

単穴に印を打ったブレステイキングは4着

 3着のグレイルに関しては、勝負が決してから突っ込んできた感じもしましたので、注視が必要そう。

 4着ブレステイキング、最後まで粘ってはいたのですが、グレイルにハナ差でゴール板で変わっていたようです。前々で競馬を進めた馬の中では、勝ち馬ジェネラーレウーノと同馬だけだったことからも、今後も気になる存在であります。

 5着オウケンムーンは共同通信杯以降、良くないようです。凡走が続き、復調が待たれます。

2018年共同通信杯 優勝 オウケンムーン   


2018 2/11 東京11R 共同通信杯 GIII オウケンムーン 北村宏司

この記事まとめ

・ジェネラーレウーノは条件次第で菊花賞でも勝負になる

・レイエンダはタイプ的に菊よりJCも、レース経験や日程からも菊花賞

・共同通信杯で明暗が分かれた2頭は、今後とも注視が必要