俺、今日から競馬のことだけを考えてみる事にするわ

たけさんが競馬専用ブログはじめるってさ

2018年オールカマー GⅡ |ダービー馬レイデオロが皐月賞馬を下してV 皐月賞馬アルアインは惜しくも2着 北村友「久々のぶん坂で脚が上がってしまった」

f:id:ktake0606:20180919073835j:plain

2017年オールカマー 優勝 ルージュバック      引用:JRA日本中央競馬会

オールカマー 歴史
本競走は、出走馬に広く門戸を開けたレースとして1955年に創設された重賞競走で、第1回は4歳(現3歳)以上・ハンデキャップの条件で中山競馬場・芝2000メートルを舞台に争われた。

1981年に別定重量に変更された後、1984年のグレード制導入に伴いGⅢに格付けされ、距離も芝2200メートル(外回り)に延長された。さらに、1986年から1994年まで負担重量を馬齢に変更のうえ、地方競馬招待競走として行われた。ジャパンカップ出走を目指す地方馬同士の争いが注目を集め、1986年にジュサブロー(愛知競馬)、1991年にジョージモナーク(大井競馬)が勝利を収めている。その後、1995年にGⅡに格上げされ、負担重量も再び別定重量に戻された。

2014年から本競走の優勝馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられることとなった。

コースの特徴

f:id:ktake0606:20180919074129p:plain

中山・芝2200メートル(外回り)
ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約430メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、さらに1コーナーでも上っていく。その後は、外回りの2コーナー過ぎから3コーナーまで終始下りとなる。最後の直線は310メートルで、直線の半ばでは再び急勾配の上りが待ち受ける。前半はゆったりと流れて、後半の向正面あたりから長く脚を使い続けることが要求される。このコースで行われた2002年のジャパンカップは外国馬がワンツー。日本で要求される主流の能力かつスピードの持続性を併せ持つ馬が好走しやすいコースなのかもしれない。

(亀谷敬正)

JRA日本中央競馬会

2017年オールカマー GⅡ

芝右 外2200m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

1着 3 6 ルージュバック 牝5 55 北村宏司 2:13.8  
5人気

産経賞オールカマー|2017年09月24日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017/09/24 第63回 オールカマー(GⅡ)【ルージュバック】

2018年オールカマー GⅡ

過去5年 映像


オールカマー 過去5年最後の直線(2013~2017)

過去5年 結果

f:id:ktake0606:20180919075701p:plain

産経賞オールカマーの過去10年データ、好走馬一覧(2018年9月23日中山11R) | 競馬ラボ

過去5年傾向 前走がGⅠの6歳以下の馬は好走率が高い

前走GⅠ組。特に6歳以下だと崩れづらい

・過去5年(中山開催)で前走GⅠを使っていた6歳以下は10頭出走して7頭馬券に

間隔のあいている馬。中10週以上

・過去5年(中山開催)で馬券になった12頭中10頭が該当

ナスルーラのスピードの持続性がポイント

・ボールドルーラー、プリンスリーギフト、グレイゾヴリン系の血を持つ馬

・ボールドルーラーと一緒に走りやすい、ストームバード系、ヴァイスリージェント系、シンボリクリスエスの血を持つ馬も注目

出典 - 重賞ビーム2018

https://amzn.to/2HOwVD4

ここまで雑感

 同条件で行われた、セントライト記念が参考になるように思う。

 終始2番手で競馬を進めたジェネラーレウーノが、後方勢の追撃を封じて勝利を収めた。

2018年セントライト記念 優勝 ジェネラーレウーノ   

2018年セントライト記念 結果   

f:id:ktake0606:20180917161737p:plain

朝日セントライト記念の結果・払戻情報【2018年9月17日中山11R】 | 競馬ラボ

内枠と速い馬場もプラスに働いたか

 ジェネラーレウーノ自身、大型馬でもありスピードの持続力を生かすには、内枠であることと時計が速い馬場であったこともプラスに働いたのではないか、とみる。

 ただ、後方勢もしっかり伸びてきており、上位馬の顔ぶれをみるとスタミナ指向に振れているようにも映る。ある程度のスタミナもありつつ、後方でじっくりと脚をためることができ、しっかりとした末脚も問われたのがセントライト記念となりそうだが。

2017年日本ダービー馬レイデオロを上位に

 それらを踏まえ、人気上位2頭レイデオロ・アルアインを評価するなら、2017年日本ダービー馬レイデオロを上位に取りたい。

 今年に入り、うるさいところが出てきており、気性面の成長が鍵となりそうでもあるが、そこは藤沢和雄厩舎。

藤沢 和雄(ふじさわ かずお、1951年9月22日 - )は、中央競馬(JRA)・美浦トレーニングセンター所属の調教師。 1995年から2009年までの間、11度のJRA賞最多勝利調教師賞を獲得した。

藤沢和雄 - Wikipedia

兎にも角にも気性面の成長にかかっている   

 どのレースを使うかまで、はやい段階から綿密に計算して調教も行っていると考えられるし、仕上げに関しても問題はないとみる。おそらく、オールカマーから昨年2着のジャパンカップに向かうとみる。また、キングカメハメハ産駒もディープ産駒同様に休み明けは苦にはしない。

 能力に関しては疑っていないから、兎にも角にも気性面の成長にかかっている。

2017年日本ダービー 優勝 レイデオロ   


2017/05/28 第84回 東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)【レイデオロ】

昨年のオールカマーを振り返る

2017年オールカマー 優勝 ルージュバック   

3連単的中 201.5倍

 北村宏司、戸崎圭太の両騎手の乗り代わりで明暗を分けた様なレースだったように思います。“暗”であったほうの戸崎騎手は阪神競馬場へ活路を見出すために、皐月賞馬エポカドーロに騎乗予定となっています。

 また、昨年ルージュバックに騎乗し勝利を収めた北村騎手は今年はミライヘノツバサでオールカマーに出走します。 

北村 宏司の騎手情報 | 競馬ラボ

戸崎 圭太の騎手情報 | 競馬ラボ

関連記事:

中山2200mのコース解析

出馬表

f:id:ktake0606:20180923101930p:plain

産経賞オールカマー【2018年9月23日中山11R】 | 競馬ラボ

予想

f:id:ktake0606:20180923102045p:plain

出走有力馬 参考レース

レイデオロ

通算成績 9戦5勝 [5-1-1-2]
主な勝鞍 17'日本ダービー(G1)   

レイデオロが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

前走ドバイシーマクラシック (GⅠ) 4着 Cルメール


【レイデオロら出走】2018/3/31 第21回 ドバイシーマクラシック(G1)

ドバイシーマクラシックレース後コメント レイデオロ C.ルメール騎手

4着 レイデオロ(藤沢和雄調教師)
「落ち着いていた。ペースが遅くて引っかかった。最後も脚を使ってくれて、やめていないからね。これが良い経験になると思う」
(C.ルメール騎手)
「ペースが遅くて、少し引っかかった。最後の直線も反応したけど、前が止まらなかったです。応援してもらっているので、期待に応えたかったが、残念です。状態は良くなっていたと思います」

レイデオロ 近4走   


レイデオロ 過去4走 【オールカマー 2018 参考レース】

アルアイン

通算成績 11戦4勝 [4-2-1-4]
主な勝鞍 17'皐月賞(G1)   

アルアインが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

前走 クイーンエリザベス2世カップ (GⅠ) 5着 Cデムーロ


2018年 第44回 クイーンエリザベスⅡ世カップ【パキスタンスタ-】

クイーンエリザベス2世Cレース後コメント アルアイン池江泰寿師

5着 アルアイン(池江泰寿調教師)
「前残りの競馬が続いていたので、3・4番手に付けるというのは作戦通りでした。ジョッキーによると、4コーナーで競馬をやめる仕草をしたとの事で、香港に来てから調教でも見せていましたが、気難しい面が出てしまったようです。調教内容を見直して根本的に直していきたいと思います。今日もダンビュライト陣営に色々気遣ってもらい無事にレースを終えられました。ダンビュライト陣営には感謝しています」
5着 アルアイン(C.デムーロ騎手)
「先行するというのは作戦通りで、そこまでは完璧でした。ただ、前に取り付くところで気難しい面を見せました。ブリンカーをつけたほうがいいかもしれません」

アルアイン 近4走   


アルアイン 過去4走 【オールカマー 2018 参考レース】

ダンビュライト

通算成績 14戦3勝 [3-1-3-7]
主な勝鞍 18'アメリカジョッキークラブC(G2)   

ダンビュライトが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

前走 宝塚記念 (GⅠ) 5着 武豊 


2018/06/24 第59回 宝塚記念(GⅠ)〈レース結果〉

宝塚記念レース後コメント ダンビュライト武豊騎手

5着 ダンビュライト(武豊騎手)
 「3~4コーナーでゴチャついてしまいました。出来れば内ラチ沿いを通りたかったのですが...すごく残念です」

ダンビュライト 近5走   


ダンビュライト 過去5レース【宝塚記念 2018】武豊騎手

ガンコ

通算成績 29戦6勝 [6-5-3-15]
主な勝鞍 18'日経賞(G2)   

ガンコが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

前走 天皇賞・春 (GⅠ) 14着 藤岡佑介


2018/04/29 第157回 天皇賞(春)(GⅠ)〈レース結果〉

天皇賞・春レース後コメント

14着 ガンコ(藤岡佑騎手)
シュヴァルグランが動いて行った時に、あれは受けなければいけないので行きました。使い詰めで来たので苦しくなるところを見せていましたが、4コーナーで先頭に立つレースをしてくれたので頑張っていると思います」

ガンコ 近5走   


ガンコ 過去5走 【天皇賞(春) 2018 参考レース】

エアアンセム

通算成績 27戦5勝 [5-4-5-13]
主な勝鞍 18'函館記念(G3)   

エアアンセムが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

前走 函館記念 (GⅢ) 1着 藤岡佑介


【結果速報】180715 函館記念(G3)

函館記念レース後コメント エアアンセム藤岡佑介騎手

1着 エアアンセム(藤岡佑介騎手)
「良い枠が当たってスタートも決まりましたし、馬もよく応えてくれました。この馬のリズムを守って行きましたが、3~4コーナーの手応えも抜群でしたし、差は詰められましたがよく凌いでくれました。(自分自身は)良い夏になっていますし、函館リーディングの圏内に食いついていけているので頑張りたいです」

エアアンセム 近4走   


エアアンセム 過去4走 【オールカマー 2018 参考レース】

ブラックバゴ

通算成績 20戦4勝 [4-2-2-12]
主な勝鞍 17'アンドロメダS(OP)   

ブラックバゴが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

前走 函館記念 (GⅢ) 10着 岩田康誠

ブラックバゴ 近5走   


(訂正版)ブラックバゴ 過去5レース【函館記念 2018】岩田騎手

ミライヘノツバサ

通算成績 13戦4勝 [4-2-2-5]
主な勝鞍 17'迎春S(1600万下)   

ミライヘノツバサが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

前走 2017年日経賞 (GⅡ) 2着 藤岡佑介


2017/03/25 第65回 日経賞(GⅡ)【シャケトラ】

日経賞レース後コメント

2着 ミライヘノツバサ (藤岡佑介騎手)
「逃げた馬が1コーナーからジワジワとペースを上げて絶好の展開になりました。4コーナーでゴールドアクターを振り切った時には勝ったと思いましたが、シャケトラがあれほどの脚を使うとは...。乗りやすい馬で力をつけています。距離は長くてもいいのですが、中山のコースが合っているようです。中身のあるいい競馬でしたが、あそこまでいったら勝ちたかったです。悔しいですね」

【日経賞】(中山)~シャケトラが末脚を発揮して重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

ゴールドアクター

通算成績 23戦9勝 [9-3-2-9]
主な勝鞍 15'有馬記念(G1)   

ゴールドアクターが丸わかり!競走馬データベース | 競馬ラボ

前走 大阪杯 (GⅠ) 16着 吉田隼人


2018/04/01 第62回 大阪杯(GⅠ)〈レース結果〉

大阪杯レース後コメント 

ゴールドアクター 近4走   


ゴールドアクター 過去4走 【オールカマー 2018 参考レース】

2018年オールカマー 結果

f:id:ktake0606:20180924024611p:plain

産経賞オールカマー【2018年9月23日中山11R】 | 競馬ラボ

レース映像


2018/09/23 第64回 オールカマー(GⅡ)〈レース結果〉

レイデオロが重賞4勝目 競馬の産経賞オールカマー

秋初戦で快勝!ルメール「目標のG1でもっと速い反応ができる」

ダービー馬レイデオロが皐月賞馬を下してV

皐月賞馬アルアインは惜しくも2着 北村友「久々のぶん坂で脚が上がってしまった」

オールカマーレース後コメント レイデオロ C.ルメール騎手ら

1着 レイデオロ(ルメール騎手)
「調教で跨り、馬はまだ100%でないと感じましたが、すごくいい馬なので自信がありました。前に行きたかったのですが、いつもスタートが遅い馬で、後ろになりました。道中はリラックスして息も入り、4コーナーから加速しました。ラスト100mは彼の能力が出せました。今日は少し反応が遅かったのですが、次はもう少し早く反応出来るかもしれません。今回はトライアル、まだトップコンディションではないので、次が楽しみです。GIでも大きなチャンスがあるかもしれません」
2着 アルアイン(北村友騎手)
「ゲートがスムースで、道中も気分良く走っていました。追ってからもスッと反応してくれましたが、最後の坂の苦しくなるところで脚色が鈍りました。休み明けの分と思いますが、久々のレースでよく頑張ってくれました」
3着 ダンビュライト(武豊騎手)
「ゲートの中でうるさくて、取りたい位置が取れませんでした。4コーナーでも少し窮屈になりましたが、ラストは脚を使ってくれました」
4着 エアアンセム(田辺騎手)
「直線に向くまではいい感じでしたが、相手が強かったです。よく頑張っているのですが...」
5着 ショウナンバッハ(三浦騎手)
「無理せずに自分のリズムで走れました。よく頑張っています。前走は軽量での好走との声もありましたが、力のあるところを見せられたと思います」